《ジェスター・ロード/Jester Lord》

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
フィールド上にこのカード以外のモンスターが存在しない場合、
お互いの魔法&罠カードゾーンに存在するカード1枚につき、
このカードの攻撃力は1000ポイントアップする。

 ANCIENT PROPHECYで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 他のモンスターフィールド上に存在しない時、自己強化する永続効果を持つ。

 攻撃力の上昇率が非常に高く、自分カードだけでも最高で5000まで上昇する。
 しかし、相手の場にモンスターがいるだけで攻撃力が0になってしまうので、安定性はかなり低い。
 ただし、闇属性攻撃力が不確定のカードなので、状況次第では《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》の両方に対応できる。
 特に《魔のデッキ破壊ウイルス》相手モンスター数を減らせるのでこのカードとはややシナジーがある。
 モンスターが出された後ではリリースできないので、攻撃後か除去へのチェーン発動したい所。
 この運用法は半上級モンスターである《ミストデーモン》にも通用し、両者は《悪夢再び》にも対応しているので併せてデッキを組むのも良いだろう。

 相手だけでなく自分が展開したモンスターをも取り除ける《門前払い》との相性は非常によく、直接攻撃後に手札に戻るため戦闘破壊される心配がなくなり、自分モンスターがいなくなった所を相手直接攻撃されても次のターンにはこのカード直接攻撃が可能になる。
 永続カードという事で攻撃力の上昇にも貢献し、さらにはこのカードリクルートするための《キラー・トマト》や前述の《ミストデーモン》ともシナジーがある。
 特に《キラー・トマト》自爆特攻により攻撃表示モンスターに対し擬似全体除去のように運用でき、がら空きになった所にこのカード直接攻撃を叩き込める。
 バウンスゆえにカード・アドバンテージを稼げないという欠点も、短期決戦的性能を持つこのカードの特性上あまり気にならない。

 その他、《ディメンション・マジック》でこのモンスターリリースし、後続の追撃に繋げるのも無駄がなくて良い。
 このとき、フィールド上に4枚以上魔法・罠カードが存在する状態から同名カード特殊召喚による追撃が決まれば、1ターンキルとなる。
 また、恵まれたステータスを持つため、リクルートサーチサルベージに幅広く対応している。
 《リミット・リバース》攻撃力上昇にそのまま繋がるため相性が良い。

 このカードを最大限に活かす場合は、専用デッキを構築する事が望ましい。
 《心鎮壷》《魔封じの芳香》等で相手魔法&罠カードゾーンをためつつ、相手モンスター除去バウンスして効果を活用したい。
 《リミット・リバース》を共有できる《ならず者傭兵部隊》の他、《N・グラン・モール》《異次元の女戦士》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》除去を行いつつ自主退場させやすいモンスターをメインに据えるのも有効。
 複数展開にも対応でき、自身含めた自分モンスターバウンス可能な《ペンギン・ソルジャー》も一考に値する。
 アニメのように《宮廷のしきたり》発動し、永続罠を守りつつ攻撃力上昇を行うのも効果的。
 効果の関係上、攻撃時は必然的にダイレクトアタックになるため、決まれば1、2回の攻撃でトドメを刺せる。
 攻撃力の上昇率が高い割に召喚は容易なため、安定性は低いが大きなポテンシャルを秘めたカードと言える。

  • 「ジェスター(jester)」とは、中世の王侯や貴族に仕えた道化師のことである。
  • アニメでは持っている玉一個につき攻撃力が1000ポイント上がり、カードイラストとは違い玉に火が付いていた演出があった(攻撃力が0の時には玉自体が消滅する)。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではイェーガーが使用している。
    専用のカットインも搭載されている。
    また、このカード《不協和音》をスキャンすると隠しデッキ道化師の罠(ジェスター・トラップ)」が使用できる。

関連カード

収録パック等

広告