《スーパースター/Hoshiningen》

効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 500/守 700
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
フィールド上の光属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップし、
闇属性モンスターの攻撃力は400ポイントダウンする。

 Vol.6で登場した光属性天使族下級モンスター
 光属性モンスター攻撃力全体強化し、闇属性モンスター攻撃力全体弱体化させる永続効果を持つ。

 強化の特徴については《シャインスパーク》を参照。
 天使族光属性も多く、コントロール色の強いモンスターもいるので、《シャインスパーク》と重ねがけするのも手だろう。

 全体強化効果は重複するので、《地獄の暴走召喚》で3体並べることで1500の全体強化を行うコンボも可能である。
 自分フィールドレベルモンスターの数だけ自己強化する効果を持つ光属性モンスター《転身テンシーン》攻撃力を、飛躍的に上昇させる事もできる。

 闇属性弱体化については、闇属性メインデッキエクストラデッキも含めて採用率が高く、有用性が高い反面自分もそれらを採用しにくくなる。
 このカード戦闘破壊できる採用率の高いモンスターも多いが、《オネスト》強化できるため他の同系統のモンスターより戦闘には強い。

  • 英語名は、「Hoshiningen(星人間)」。
    人間には見えず、何とも微妙なネーミングである。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM2では効果を持たず、オリジナルのテキストが存在する。
    「カラフルな 尾を引き飛んでくる 流れ星 当たると痛い」と書かれている。
    DM3からは、OCGと同じような効果を持った効果モンスターとして登場。
    自分の場の白魔族を1段階強化し、黒魔族を1段階弱体化させるという効果だった。
    ただし、どんなにステータスが上回っても白魔族は黒魔族と戦闘を行うと無条件に破壊されてしまうので注意。
    ゲームボーイの頃のイラストでは可愛らしい顔をしていたが、OCGではなぜか妙に悪そうな顔をしている。

関連カード

―自身と同じ属性モンスター攻撃力を500強化し、相反する属性モンスター攻撃力を400弱体化させる効果を持つモンスター

―類似効果を持つリンクモンスター《ミセス・レディエント》を参照

―類似系効果

収録パック等


Tag: 《スーパースター》 効果モンスター モンスター 星2 光属性 天使族 攻500 守700

広告