《スクラップ・カウンター/Scrap Rage》

通常罠
フィールド上に守備表示で存在する
「スクラップ」と名のついたモンスターが攻撃された場合、
そのダメージ計算時に発動する事ができる。
攻撃された「スクラップ」と名のついた
モンスターの守備力は2000ポイントアップし、
バトルフェイズ終了時に破壊される。

 DUELIST REVOLUTIONで登場した通常罠
 守備表示スクラップモンスター守備力強化し、バトルフェイズ終了時に破壊する効果を持つ。

 自壊効果があるのが難点で、普通のスクラップに使うとディスアドバンテージになってしまう。
 破壊された時にサルベージ効果を発揮する《スクラップ・ゴブリン》《スクラップ・ビースト》とのコンボを想定しているのだろう。
 だが、《スクラップ・ゴブリン》は補助しなくても元々戦闘破壊耐性がある。
 貫通ダメージを抑えることと反射ダメージを与えることはできるのだが、それならば上昇値は劣るが手札誘発《牙城のガーディアン》の方が使い勝手がいい。

 罠カード1枚を使うにしても、《和睦の使者》の方が、サルベージか返しのターンシンクロ召喚かを迫ることができる上、スクラップにも縛られないため便利である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:複数枚発動することは可能ですか?
A:はい、チェーンを組んで発動する事ができます。(10/04/19)

Q:表側守備表示《スクラップ・ゴブリン》攻撃対象となった時にこのカードを発動した場合のバトルフェイズ終了時、このカードの破壊される効果《スクラップ・ゴブリン》自身の破壊される効果はどちらが優先されますか?
A:その場合、好きな方を適用できます。(10/08/12)


Tag: 《スクラップ・カウンター》 通常罠 スクラップ

広告