《スクラップ・サーチャー/Scrap Searcher》

効果モンスター
星1/地属性/鳥獣族/攻 100/守 300
このカードが墓地に存在し、自分フィールド上に存在する
「スクラップ・サーチャー」以外の「スクラップ」と名のついたモンスターが破壊され
墓地へ送られた時、このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚に成功した時、「スクラップ」と名のついたモンスター以外の
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。

 STARSTRIKE BLASTで登場した地属性鳥獣族下級モンスター
 スクラップモンスター破壊され墓地へ送られた時に自己再生する誘発効果と、特殊召喚時に自分フィールド表側表示モンスターを全て破壊する誘発効果を持つ。

 条件を満たせばノーコスト自己再生でき、フィールドから離れても除外されるということがない。
 《スクラップ・スコール》の存在から墓地に送りやすく、《ワン・フォー・ワン》にも対応する。
 またスクラップ自分カード破壊する効果や自壊効果が豊富なため、簡単に自己再生できる。
 また、1ターンに1度の制限もないので、墓地に複数存在すればチェーンを組んで全ての特殊召喚も可能となる。
 スクラップの性質上、墓地に置いておけばおのずと何度も発動する機会が訪れるだろう。

 ただし、自己再生すると後半の「スクラップ以外のモンスター破壊する効果」が発動してしまう。
 このため、このカードを採用した【スクラップ】スクラップ以外のモンスターが採用しづらく、リンクモンスターシンクロモンスター等もおのずとスクラップ以外のものは使いづらくなる。

 自己再生したこのカードの使いみちには特に制約がないので、リンク素材シンクロ素材、各種スクラップカード破壊対象等として活用できる。
 特に《スクラップ・ワイバーン》リンク素材としては抜群の適性を誇る。
 ただ、上記の通り、このカードスクラップ以外のモンスターは折り合いが悪いので、リンク召喚エクシーズ召喚先はかなり限られてしまう。
 破壊された場合に発動できる効果を持つ《ミセス・レディエント》等であれば、使い捨てと割り切って出すのもよいだろう。

 なお、特殊召喚時にスクラップ以外のモンスター破壊する効果は、自己再生以外の方法で特殊召喚しても発動する。
 相手フィールド特殊召喚すれば、相手スクラップ以外のモンスターを全て破壊することが可能。
 そのため《スクラップ・ゴーレム》《ギブ&テイク》相手フィールド特殊召喚し、全体除去を狙う事もできる。
 《ギブ&テイク》罠カードなので、相手ターンでの妨害も狙いやすい。

 癖は強いものの、【スクラップ】においては多大なアドバンテージを稼ぎ出しうるカードと言える。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの「鉄男&小鳥vsデュエルロボ」戦でデュエルロボが使用。
    《巨星のミラ》戦闘破壊された。
    召喚された際はイラストにあるように全身から光を発していた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類はなんですか?
A:どちらも誘発効果です。(11/06/16)

Q:ダメージステップ中にスクラップ戦闘カードの効果破壊され墓地へ送られた時に、このカード特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/07/17)

Q:裏側表示のままでスクラップカードの効果破壊され墓地へ送られた時に、このカード特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/07/17)

Q:墓地にこのカードが複数体存在し、スクラップ破壊された場合、複数体特殊召喚できますか?
A:はい、チェーンを組んで発動する事で複数体特殊召喚できます。(10/07/17)

Q:《ファントム・オブ・カオス》等の効果スクラップと名のついたモンスターになっている時に《ファントム・オブ・カオス》破壊され墓地へ送られた時にこのカード特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、墓地へ送られた時点でスクラップと名のついたモンスターではないので発動できません。(10/07/31)

Q:《スクラップ・ゴーレム》《ギブ&テイク》効果相手フィールド上に、このカード特殊召喚した場合、どちらのモンスター破壊されますか?
A:その場合、相手フィールドモンスター破壊される形になります。(10/07/17)


Tag: 《スクラップ・サーチャー》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 鳥獣族 攻100 守300 スクラップ

広告