《スケルエンジェル/Skelengel》

リバース・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 900/守 400
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 Vol.3にて登場した光属性天使族下級リバースモンスター
 リバースした場合にドローする誘発効果を持つ。

 《暗黒のミミック LV1》《魔装機関車 デコイチ》等、ステータス効果の比較で上位互換にあたるものが存在するが、それらの発動条件を考えるとほぼ相互互換
 容易に戦闘破壊されてしまうので維持するドローソースというよりは一度限りのデッキ圧縮と捉えたほうが良い。
 情報アドバンテージと引き換えに即効性で勝る《ミスティック・パイパー》も存在しているので、やはりサポートカードの豊富な天使族である点を活かすべきだろう。
 墓地コストとして対応するカードは多いので【儀式天魔神】【天使族】などこれらを必要とするデッキで採用したい。
 メインフェイズリバースし、《光神テテュス》効果を使えばドローの加速も可能。
 このカード天使族故にドローを阻害しない。

 また、レベル2のモンスターの中では比較的攻撃力が高いため、《ジャンク・ウォリアー》とも相性がいい。
 リバースモンスターなので《抹殺の使徒》は怖いが、ドロー効果を使わずともデッキ圧縮ができたとの解釈もできる。

  • 海外版イラストでは天使の輪が王冠に変更されているが、カード名には「engel」が入っている。
    「天使(angel)」とはスペルが違うため問題ないのだろう。
    また、英語名は「skeleton」と「angel」を合わせた造語であるかのように見える。
    骨格から転じて透明樹脂などで内部機構を透過させる構造を指す言葉でもあるが、このカードは骨格どころかパーツ単位で完全に透明化しているため日本語の「透ける」を当てたか、あるいはこの2つのダブルミーニングだと考えられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「表遊戯vsレベッカ」戦において、レベッカが通常魔法《ジャッジメント・ボンバー》のコストとして手札から墓地に送っているのが確認できる。
    アニメオリジナル「乃亜編」において杏子、ビッグ3(大岡)がそれぞれ使用している。
    カードが実体化した時は、イラストに描かれていない顔や胴体が半透明の小柄な天使の姿をしていた。
  • アニメGXでは、幼少期の十代とその友人であるオサムとのデュエルで、十代の墓地に置かれているのが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM2では効果を持たず、オリジナルのテキストが存在する。
    「殺意を持つ者に対して 無数に矢を撃ってくる 実体の無い天使」と書かれている。
    DM3以降のシリーズにおいては「カードを1枚ドローする」というOCGと同じような効果を持っている。
    SPIRIT SUMMONERでは対戦相手として登場。
    「陵墓からの召喚デッキ」という名前の、《死皇帝の陵墓》軸の【光属性】を使用する。
    真DM2では戦闘破壊された時に手札を既にプレイしている場合、再度プレイが可能になるという効果を備えている。
    効果を使用するには自分のターン自爆特攻なりで戦闘破壊されなければならない為、非常に使いにくい。
    類似効果を持つものに《ミラージュ》が存在するが、あちらはリバースするだけで良いので、能動性・汎用性共に段違いに高い。
    デュエルリンクスでは杏子が使用し、専用ボイスが存在する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《スケルエンジェル》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星2 光属性 天使族 攻900 守400

広告