《スケルエンジェル/Skelengel》

リバース・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 900/守 400
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 Vol.3にて登場した光属性天使族下級リバースモンスター
 リバースした場合にドローする誘発効果を持つ。

 効果だけを見ればセットせずに使える《イピリア》下位互換であり、情報アドバンテージと引き換えに即効性で勝る《ミスティック・パイパー》も存在している。
 蘇生から使い回そうにも裏側守備表示特殊召喚するカードは少なく、一度限りのデッキ圧縮になりやすい。
 やはりサポートカードの豊富な天使族である点を活かすべきだろう。
 墓地コストとして対応するカードは多いので【儀式天魔神】【天使族】などこれらを必要とするデッキで採用したい。
 メインフェイズリバースし、《光神テテュス》効果を使えばドローの加速も可能。
 このカード天使族故にドローを阻害しない。

 占術姫とはリバースモンスター天使族の2つの点でサポートカードを共有しあえる。
 効果自体は汎用的であり、1ターンに1度の制限もないので、何度もリバースさせてやれば単なるデッキ圧縮要員に終わらない活躍を見せてくれるかもしれない。

  • 海外版イラストでは天使の輪が王冠に変更されているが、カード名には「engel」が入っている。
    「天使(angel)」とはスペルが違うため問題ないのだろう。
    また、英語名は「skeleton」と「angel」を合わせた造語であるかのように見える。
    骨格から転じて透明樹脂などで内部機構を透過させる構造を指す言葉でもあるが、このカードは骨格どころかパーツ単位で完全に透明化しているため日本語の「透ける」を当てたか、あるいはこの2つのダブルミーニングだと考えられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「表遊戯vsレベッカ」戦において、レベッカが通常魔法《ジャッジメント・ボンバー》のコストとして手札から墓地に送っているのが確認できる。
    アニメオリジナル「乃亜編」において杏子、ビッグ3(大岡)がそれぞれ使用している。
    カードが実体化した時は、イラストに描かれていない顔や胴体が半透明の小柄な天使の姿をしていた。
  • アニメGXでは、幼少期の十代とその友人であるオサムとのデュエルで、十代の墓地に置かれているのが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM2では効果を持たず、オリジナルのテキストが存在する。
    「殺意を持つ者に対して 無数に矢を撃ってくる 実体の無い天使」と書かれている。
    DM3以降のシリーズにおいては「カードを1枚ドローする」というOCGと同じような効果を持っている。
  • デュエルリンクスでは杏子が使用し、専用ボイスが存在する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《スケルエンジェル》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星2 光属性 天使族 攻900 守400

広告