《スターダスト・ドラゴン(スラッシュ)バスター/Stardust Dragon/Assault Mode》

効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果及び
このカードの効果でのみ特殊召喚する事ができる。
魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースする事でその発動を無効にし破壊する。
この効果を適用したターンのエンドフェイズ時、
この効果を発動するためにリリースされ墓地に存在するこのカードを、
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
また、フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、
自分の墓地に存在する「スターダスト・ドラゴン」1体を特殊召喚する事ができる。

 デュエリストボックスで登場した風属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 任意でコストとしてリリースする事で魔法効果モンスター発動無効にする誘発即時効果破壊された時に《スターダスト・ドラゴン》蘇生させる誘発効果を持つ。

 破壊効果以外を無効にできなかった《スターダスト・ドラゴン》に対し、このカードはほぼあらゆる効果の発動無効にできる。
 このカード無効にできない効果の例は以下の通り。

 《スターダスト・ドラゴン》同様の自己再生効果を備えており、実質的に殆どの効果に対する耐性を持っているといえる。
 攻撃力も高く戦闘破壊も困難なので、相手にしてみれば非常に厄介なモンスターだろう。

 自身の効果特殊召喚できるのは、このカードの発動効果無効化されず、かつ墓地に存在している場合のみ。
 そのため、除外系のカードには注意する必要がある。
 このカード除去する手段の例を挙げるとすると以下のような方法が考えられる。

 永続系の魔法・罠カードはこのカードフィールドに存在しない時に発動しておく必要がある点に注意。
 また、《The splendid VENUS》を出されると二つの永続効果によって無効効果が封じられ、攻撃力も下がって簡単に戦闘破壊されてしまう。
 フィールド発動した効果無効にする場合も、進化前の《スターダスト・ドラゴン》によって破壊されてしまうことは覚えておきたい。
 とは言え、基本的に対処に困るカードであることは間違いなく、他の/バスターと比べても苦労に見合ったモンスターである。

関連カード

―《スターダスト・ドラゴン/バスター》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自身の効果リリース発動コストですか?
A:コストです。(08/11/16)

Q:ダメージステップでこのカードの効果発動できますか?
A:発動できます。ダメージ計算時でも発動可能です。(08/11/23)
  また、このカード自身が戦闘を行うダメージ計算時でも自身をリリースする事ができます。(09/01/11)

Q:魔法・罠カードの「効果の発動」に対して発動できますか?
A:発動できます。(08/11/16)

Q:エンドフェイズ蘇生効果に対し、《王宮の弾圧》発動され無効化されました。
  再度蘇生効果発動できますか?また、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。フィールド上で破壊もされていないため、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚も行えません。(09/01/30)

Q:それぞれの効果の分類は何ですか?
A:無効化は対象をとらない誘発即時効果自己再生誘発効果です。(09/09/26)

Q:相手《大嵐》に対し発動した所、相手は《スターダスト・ドラゴン/バスター》の効果チェーンして《非常食》発動《大嵐》墓地に送りました。
  この場合《スターダスト・ドラゴン/バスター》は《大嵐》破壊できていない事になりますが、《スターダスト・ドラゴン/バスター》を自身の効果エンドフェイズ特殊召喚することは可能ですか?
A:このカードの効果《大嵐》破壊することはできませんが、発動を無効にしたこのカード墓地に存在する状態であれば、エンドフェイズ時に墓地から特殊召喚できます。(11/09/05)

Q:この効果《ZW−一角獣皇槍》《CNo.39 希望皇ホープレイ》 に装備する効果無効にし破壊できますか?
A:できます。(12/12/23)

広告