《ステルスバード/Stealth Bird》

効果モンスター
星3/闇属性/鳥獣族/攻 700/守1700
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードが反転召喚に成功した時、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。

 暗黒の侵略者で登場した闇属性鳥獣族下級モンスター
 サイクル・リバースモンスターの一体であり、自身を裏側守備表示にする起動効果と、反転召喚に成功した時に相手ライフダメージを与える誘発効果を持つ。

 初期に登場したサイクル・リバースロックバーンカードであり、今なお現役の1枚である。

 高めの守備力サイクル・リバースにより破壊されにくく、長くフィールドに維持してダメージを与えられる。
 《平和の使者》《レベル制限B地区》といったカードとは相性がよく、高めの守備力により戦闘破壊を防げる。
 また、リバースモンスターではないので《抹殺の使徒》除外されてもデッキに残っているカードは無事という利点もある。

 ただし、《ミスティック・ソードマン LV2》を初めとした裏側表示メタとの相性は悪い。
 また、除去は多くのデッキに存在しているため、《禁じられた聖槍》等で守ることができないというデメリットにもなりうる。
 その他、《エフェクト・ヴェーラー》はタイミングの面で天敵であり、裏側守備表示にも戻れない。
 《月の書》や、エクシーズ素材《ゴッドバードアタック》に繋げる事も考えておきたい。

 上記のことから、【ロックバーン】においては重要といえる。

 また、《光の護封壁》を使いやすい【キュアバーン】《ゴーストリック・ハウス》との相性は悪いがサポートを受けやすい【ゴーストリック】等でも採用できる。

  • 原作・アニメにおいて―
    海外でのみ放送された「カプセルモンスターズ編」に登場。
    アレキサンダー王の側近が使用し、そのステルス能力を駆使して双六を追い詰めた。
    アニメGXにおいて、ヨハンを探すべく異世界へ向かった十代たちが辿り着いた地区の住人として登場。
    その地区の支配者たる鳥獣族の一員として他の住人を虐げていた。
  • コナミのゲーム作品においてー
    エキスパート2006では、「攻撃禁止」という制限での対戦相手として登場する。
    あろうことか相手は通常通り攻撃可能であり、かなり手強い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:反転召喚したターン効果裏側守備表示に戻ったときでも《メサイアの蟻地獄》破壊されるのでしょうか?
A:裏側表示の場合レベルを判定できないため破壊されません。


Tag: 《ステルスバード》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 鳥獣族 攻700 守1700

広告