《ストレートフラッシュ/Straight Flush》

通常罠
相手の魔法&罠カードゾーン全てにカードが存在する場合に発動できる。
相手の魔法&罠カードゾーンのカードを全て破壊する。

 CYBERDARK IMPACTで登場した通常罠
 相手魔法&罠ゾーンが全て埋まっている場合に、魔法・罠除去を行う効果を持つ。

 発動条件の付いた罠カード《ハーピィの羽根帚》と言ったところ。
 魔法&罠ゾーン5箇所にカードが存在する状況はそうなく、【宝玉獣】などの特殊なデッキで見られる程度。

 伏せカードを多用するデッキでも、魔法&罠ゾーンに5枚のセットをすると手札から魔法カード発動できなくなるため、最低でも1ヶ所は空けておく、またはフリーチェーンを1枚以上含ませておくプレイングが普通である。
 相手が5枚目のカード発動してきた時に対して発動することはできるが、その発動されたカードの効果無効にはできず、他の4枚のカードで対応される可能性が高い。
 腐る可能性が高く、《ハーピィの羽根帚》《ツインツイスター》を優先するのが無難だろう。

 一応、相手魔法&罠ゾーンを埋めさせる方法もある。
 《メタモルポット》を見せれば相手は余分なカードセットしてくる可能性が高い。
 《魔封じの芳香》なら、相手魔法カードセットせざるを得ず、そこを《カースド・フィグ》などで狙えば発動できないカードが溜まる。

 【メタビート】【宝玉獣】のように魔法&罠ゾーンを最大限に使うデッキへのメタカードとしたいところだが、こうしたデッキ《虹の古代都市−レインボー・ルイン》のように対応策を持つことが多く、逆に狙いづらい。

  • 「ストレートフラッシュ」とは、ポーカーに存在する役の一種。
    5枚のカードの絵柄が同一の「フラッシュ」と、5枚のカードが連続した数字になる「ストレート」が同時に成立した場合に成る役である。
    (例:スペードの2+3+4+5+6など)
    正式なポーカーの役では、最も強い役となる。
    (ロイヤルストレートフラッシュは『最も強いストレートフラッシュ』の俗称、ファイブカードはそもそもジョーカーの使用がローカルルールであるため、どちらも正式な役ではない)
  • 原作・アニメにおいて―
    「遊矢vsジャック」(2戦目)において、遊矢がレベル3〜7までのモンスター5体をペンデュラム召喚により同時に特殊召喚したことを権現坂が「ストレートペンデュラム」と命名している。
    恐らくこのカードの元ネタを意識した名前だろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの発動チェーンして、《非常食》魔法&罠ゾーンカードの一部を墓地へ送りました。
  この場合、他の魔法・罠カード破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(08/05/13)

Q:相手モンスターゾーン罠モンスター1体と魔法&罠ゾーンに4枚のカードが存在している場合、発動できますか?
A:いいえ、出来ません。(13/12/19)


Tag: 《ストレートフラッシュ》 通常罠

広告