《スノーダスト・ジャイアント/Snowdust Giant》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/獣戦士族/攻2200/守 800
水属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
手札の水属性モンスターを任意の数だけ相手に見せ、
見せた数だけフィールド上に
表側表示で存在するモンスターにアイスカウンターを置く。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
水属性以外のフィールド上のモンスターの攻撃力は、
フィールド上のアイスカウンターの数×200ポイントダウンする。

 ABYSS RISINGで登場した水属性獣戦士族エクシーズモンスター
 手札から公開した水属性モンスターの枚数だけアイスカウンター置く起動効果と、水属性以外のモンスターフィールドアイスカウンターの数に応じて弱体化させる永続効果を持つ。

 エクシーズ素材効果の性質上、必然的に【水属性】で使うことになる。
 素材縛りに関しては《No.37 希望織竜スパイダー・シャーク》と同様、扱い易い手段が割と多く、さほど問題にはならないだろう。
 水属性《サルベージ》による手札補充ができ、サルベージしたカードなら手札公開のデメリットも気にしなくて済む。
 しかし、それでもアイスカウンターを乗せられる量には不確定要素が強く絡み、水属性モンスター相手には効かないため相性の問題もある。
 大型モンスター戦闘破壊を狙うなら、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》などの方が良い。
 《海皇の竜騎隊》に対応する水属性に限定しても、《No.101 S・H・Ark Knight》《深淵に潜む者》《No.37 希望織竜スパイダー・シャーク》などの汎用性が高いモンスターが沢山存在している。

 となると、このカードを有効に活用できるのは、やはりアイスカウンターを中心に据えたデッキだろう。
 アイスカウンターに関連する下級モンスターは全て水属性レベル4であり、エクシーズ召喚は自然に狙うことができる。
 《スノー・ドラゴン》《サルベージ》に対応するので手札を増やしやすく、同パックに収録されている《スノーマン・クリエイター》アドバンテージを失わずにアイスカウンター置ける
 《コールド・エンチャンター》攻撃力強化とこのカード攻撃力弱体化で二重に攻撃力差を広げることができ、下級モンスターとの相性はどれを取っても良い。
 《ブリキンギョ》から《スノーマン・クリエイター》特殊召喚すれば、アイスカウンターを2個乗せつつ、このカードエクシーズ召喚できる。

 アイスカウンター置く対象については、基本的にはカウンターを維持しやすい自分モンスターに全て置いてしまった方がよい。
 ただし《アイス・ブリザード・マスター》《スノーダスト・ドラゴン》相手モンスターアイスカウンターが存在することを求めるので、自分の状況に合わせて判断したい。
 アイスカウンターを特に活用しないデッキの場合、このカードが存在しなくなればアイスカウンターも無意味になってしまうため、このカードに全て置いて問題ないだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「カイトvsミザエル」(1戦目)においてミザエルが使用した通常魔法《トラクター・リバース》のイラストに描かれている。

関連カード

―《スノーダスト・ジャイアント》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果で他のカード効果を受けない《RR−アルティメット・ファルコン》アイスカウンター置く事はできますか?
A:いいえ、できません。(16/04/13)


Tag: 《スノーダスト・ジャイアント》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク4 水属性 獣戦士族 攻2200 守800

広告