《スパウン・アリゲーター/Spawn Alligator》

効果モンスター
星5/水属性/爬虫類族/攻2200/守1000
爬虫類族モンスターをリリースしてこのカードのアドバンス召喚に成功した場合、
このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたモンスター1体を、
そのターンのエンドフェイズ時に墓地から自分フィールド上に特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 12で登場した水属性爬虫類族上級モンスター
 エンドフェイズ時に、このカードアドバンス召喚するためのリリースに使われた爬虫類族蘇生する誘発効果を持つ。

 その効果によりアドバンス召喚リリース分のディスアドバンテージを回復できる。
 しかし蘇生のタイミングはエンドフェイズと遅く、それまでにこのカードフィールドに存在しなくなると効果適用されない。
 結局のところアドバンス召喚を伴うため失敗した時のリスクが大きく、【爬虫類族】でも使いどころを選ぶ。

 蘇生したい爬虫類族の種類に乏しいのも難点で、できるだけ上級以上の爬虫類族モンスター蘇生したいが、その分デッキも重くなりやすい。
 その際は《スネーク・レイン》墓地を肥やし《ヴァイパー・リボーン》蘇生したモンスターリリースする等で負担を軽減したい。
 他には貫通効果を付与する《ライオ・アリゲーター》相手ターンでも効果が使える《EMウィップ・バイパー》が候補か。
 チューナー蘇生させ、相手ターン《緊急同調》からシンクロ召喚に繋ぐのも手である。
 《焔紫竜ピュラリス》シンクロ素材にしつつ、2回分の弱体化効果も狙える。

 なお、この効果墓地ではなくフィールド上での種族を参照するため、《DNA改造手術》爬虫類族に変更したモンスターリリースしても良い。
 コンボ性は強くなるが、他にも《レプティレス・アンガー》《エーリアン・ブレイン》爬虫類族に変更できる。
 また、相手フィールド上の爬虫類族モンスターリリースしても蘇生効果適用でき、その場合は《帝王の烈旋》も使いやすくなる。

 《連撃の帝王》相手ターンアドバンス召喚した場合は、その相手ターンエンドフェイズ効果発動する。
 これにより《土地鋸》相手モンスター裏側守備表示にしつつ、自ターンに繋げる使い方も可能となる。
 蘇生したモンスターを自ターンで利用できるため、確実ではないがこれらと併用することも考えられるだろう。

  • 「スパウン(spawn)」とは、スポーンとも読まれ、ほぼ同じ意味を持つ英単語。
    オンラインゲームなどではモンスターやアイテムが出現する(湧く)という意味もあり、このモンスターの効果とも合致する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果です。(09/12/19)

Q:エンドフェイズチェーンブロックを作る効果ですか?
A:はい、そうなります。(09/12/19)

Q:フィールド上で爬虫類族になっている元々の種族爬虫類族でないモンスターリリースしてアドバンス召喚した場合どうなりますか?
A:フィールド上で爬虫類族だったのであれば、墓地爬虫類族ではなくても特殊召喚されます。(09/12/19)

Q:フィールド上で元々の種族爬虫類族であるモンスターが別の種族に変わっている時にリリースしてアドバンス召喚した場合どうなりますか?
A:フィールド上で爬虫類族ではありませんので、墓地爬虫類族でも特殊召喚されません。(10/01/21)

Q:元々の持ち主相手爬虫類族リリースしてアドバンス召喚した場合、エンドフェイズ相手墓地から特殊召喚されますか?
A:はい、そうなります。(09/12/19)

Q:エンドフェイズ時にこのカード自分フィールド上に表側表示で存在しない場合、効果処理は行なわれますか?
A:その場合、効果処理は行われません。(09/12/19)

Q:エンドフェイズ時にこのカードコントロール相手に移っている場合、モンスター相手フィールド上に特殊召喚されますか?
A:はい、そうなります。(09/12/19)

Q:爬虫類族リリースして、このカードセットした状態でアドバンス召喚を行いました。
  その後、そのターンエンドフェイズまでにセットされたこのカードが何らかの効果表側表示にした場合効果発動しますか?
A:はい、その場合でもこのカード効果発動します。(10/01/21)


Tag: 《スパウン・アリゲーター》 効果モンスター モンスター 星5 水属性 爬虫類族 攻2200 守1000

広告