《スピア・ドラゴン/Spear Dragon》

効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1900/守   0
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した風属性ドラゴン族下級モンスター
 貫通ダメージを与える永続効果と、攻撃後に表側守備表示になる永続効果を持つ。

 《サファイアドラゴン》と同等の攻撃力貫通効果を発揮できるが、攻撃後に守備表示になってしまう。
 守備力は0なのでほぼ戦闘破壊されてしまうため、殆どデメリット効果である。
 攻撃力は100低いが、属性種族が同じでデメリットのない《ランス・リンドブルム》も存在する。
 また、現環境【ドラゴン族】は高攻撃力の大型モンスターが展開しやすく、殴るだけでもダメージが通りやすい。
 その中で貫通持ちの下級モンスターが必要かと言われると微妙なところ。

 そのため、守備表示デメリットを活かす方向で使っていくといいだろう。
 攻撃を誘いやすいので、《ガムシャラ》等に繋げやすく、《アックス・ドラゴニュート》と併用するのもいいだろう。
 また、貫通特化の【ドラゴン族】にして《エネミーコントローラー》《進入禁止!No Entry!!》で防御と貫通を活かすのもいいだろう。
 《カメンレオン》蘇生からアタッカーとして活用したり、そのままレベル8のシンクロ召喚ランク4のエクシーズ召喚に繋げる手もある。

  • その鋭い口で突き刺す様なイメージがあるが、ブレス攻撃である。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは吹雪・ジャックが使用する。
    カードプールが狭くセットされる事も多いため、この環境では厄介で頼もしい存在であった。
    このゲームでもやはり攻撃モーションは風のブレスである。

関連カード

貫通効果を持つモンスター貫通を参照

―《スピア・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:守備表示となる効果は、チェーンブロックを作りますか?
A:この効果永続効果なので作りません。


Tag: 《スピア・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 ドラゴン族 攻1900 守0

広告