《セフィラの輝跡(きせき)/Zefra Path》

永続魔法
(1):自分のPゾーンに「セフィラ」カードが2枚存在し、
1と7のPスケールが適用されている場合にこのカードを発動できる。
自分フィールドに「セフィラ」モンスター以外のモンスターが存在する場合、
そのモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いに手札・エクストラデッキからしかモンスターを特殊召喚できない。
(3):自分のPゾーンにカードが存在する限り、
このカードは効果の対象にならず、
自分のPゾーンのカードが破壊された場合にこのカードは破壊される。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した永続魔法
 発動時にセフィラ以外の自分フィールドモンスターデッキに戻す効果手札エクストラデッキ以外からの特殊召喚を封じる効果ペンデュラムゾーンカードを参照する対象耐性自壊効果を持つ。

 (1)の効果は、発動条件デメリット効果
 セフィラペンデュラムスケール《智天の神星龍》を除き1と7に分かれており、《智天の神星龍》も自身の効果ペンデュラムスケールを変更できるため、《セフィラの神託》《セフィラの神意》などのサーチ手段も併用すれば発動は難しくはない。
 しかし、発動時に自分フィールドセフィラモンスター以外の全てのモンスターデッキに戻ることには注意が必要。
 裏側表示モンスターも同様にデッキに戻るので、裏側表示を多用するシャドールを併用した【セフィラ】では厄介な効果となる。
 逆に効果発動し終えたモンスターデッキエクストラデッキに戻して再利用することも可能。
 《智天の神星龍》セフィラ3体を含む自分フィールドモンスター全てをリリースするため、召喚条件に関わらないセフィラ以外のモンスターをこれで逃がすこともできる。

 (2)の効果お互い手札エクストラデッキ以外からの特殊召喚を封じる効果
 現在の環境においては、メインとなるモンスターの展開の下準備として蘇生帰還リクルートを挟む事は多いため、それらを封じるこのカード相手の行動を大きく阻害でき、デッキによってはこれ1枚で完封を狙うこともできる。
 しかし、【セフィラ】の中でも《英霊獣使い−セフィラムピリカ》《炎獣の影霊衣−セフィラエグザ》蘇生効果《オルシャドール−セフィラルーツ》によるペンデュラムゾーンからの特殊召喚も封じるので、デメリットを負うことには注意が必要。

 (3)の効果はこのカード対象に取られないという耐性効果
 しかし同時にペンデュラムゾーンカード破壊されると自壊するというデメリットがあるため、実質意味をなしていない。
 一応、ペンデュラムゾーンカードを守る《剛竜剣士ダイナスターP》などを併用すれば意味は出てくる。

 このデメリット効果により、ペンデュラムゾーンカードを能動的に破壊できず、相手による魔法・罠カード除去への対策も重要となる。

 《セフィラの神意》の登場によって、セフィラ全体が破壊に対して間接的ながら耐性を得ることができるようになり、このカードの維持の難度も多少ではあるが下がった。
 《セフィラの神意》自体でこのカードサーチすることも可能であるため、このカードを採用するならば併せて採用したい。

関連カード

イラスト関連

ペンデュラムスケール1のセフィラ

ペンデュラムスケール7のセフィラ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自分ペンデュラムゾーン《イェシャドール−セフィラナーガ》《オルシャドール−セフィラルーツ》が存在しています。
  《ペンデュラム・ターン》発動し、その《オルシャドール−セフィラルーツ》ペンデュラムスケールが4になっている場合、《セフィラの輝跡》を発動する事はできますか?
A:できません。(15/02/13)

Q:(1)の効果適用される場合、自分フィールド裏側守備表示モンスター持ち主デッキ戻りますか?。
A:戻ります。(15/02/13)

Q:(1)の効果の発動チェーンして《サイクロン》発動し、《セフィラの輝跡》が破壊された場合、効果処理はどうなりますか?
A:処理は適用されません。 (15/02/13)

Q:(1)の効果の発動チェーンして《サイクロン》発動し、自分ペンデュラムゾーンカード破壊された場合、(1)の処理はどうなりますか?
A:カードの発動は行われ、自分フィールドセフィラ以外のモンスターを全て持ち主デッキ戻す処理も通常通り適用されます。 (15/02/13)

Q:(1)の効果適用される場合、自身の効果によって墓地から特殊召喚されている《ゾンビキャリア》デッキ戻りますか?
A:除外される事になります。(15/02/13)

(2)の効果について

Q:(2)の効果適用されている場合、どの特殊召喚が行えなくなりますか?
A:(2)の効果適用されている場合、手札エクストラデッキからの特殊召喚しか行えなくなります。
  例えば、融合召喚シンクロ召喚エクシーズ召喚ペンデュラム召喚は通常通り行う事ができます。
  儀式召喚については手札から儀式モンスター特殊召喚する場合は通常通り行えますが、《影霊衣の反魂術》効果によって墓地儀式モンスター特殊召喚する事はできません。(15/02/13)

Q:(2)の効果適用されている場合、《地獄の暴走召喚》発動する事はできますか?
A:自分特殊召喚に成功した攻撃力1500以下のモンスター同名モンスター手札にある場合のみ発動する事ができます。(15/02/13)
Q:(2)の効果が適用されている場合、《ブリザード・サンダーバード》効果発動する事はできますか?
A:できません。(15/02/13)


Tag: 《セフィラの輝跡》 魔法 永続魔法 セフィラ

広告