《セフィラの星戦(せいせん)/Zefra War》

通常罠
「セフィラの星戦」は1ターンに1枚しか発動できない。
自分のPゾーンに「セフィラ」カードが2枚存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドの「セフィラ」カード1枚と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 マキシマム・クライシスで登場した通常罠
 特定条件で手札から発動でき、セフィラ相手フィールドのカード破壊する効果を持つ。

 効果自体はテラナイトセフィラに似た効果であり、主なコンボやプレイングは《竜星因士−セフィラツバーン》を参照。

 こちらは罠カードゆえにセットする必要があるが、対象表示形式を問わず、フリーチェーンである。
 相手シンクロ召喚エクシーズ召喚を邪魔したり、サクリファイス・エスケープに使ったりなど用途は幅広い。
 《スキルドレイン》《虚無空間》などのセフィラの苦手としたカードを突破できるのも強みとなる。

 また、ペンデュラムゾーンセフィラが2枚存在する時に手札から発動することができる。
 これによりセットの必要がなくなり、《セフィラの神意》サーチした直後でも使用できる。
 ただし、《智天の神星龍》以外のセフィラペンデュラム効果にはデメリットしかなく、カテゴリ外の他のモンスターと連携が取りづらくなる。
 《イェシャドール−セフィラナーガ》効果ペンデュラムゾーンセフィラバウンスして温存する使い方とも噛み合わない点も注意。

  • 「星戦」は「星」と「聖戦」を組み合わせた造語だろう。
    「聖戦」とは宗教の信者が、正しいと考えて起こす戦争のことである。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《セフィラの星戦》 通常罠

広告