《ダークフレア・ドラゴン/Darkflare Dragon》

効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守1200
このカードは自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを
1体ずつゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札とデッキからドラゴン族モンスターを1体ずつ墓地へ送る事で、
自分または相手の墓地のカード1枚を選択してゲームから除外する。

 ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−で登場した闇属性ドラゴン族上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果と、手札デッキからドラゴン族墓地へ送り、墓地カード1枚を除外する起動効果を持つ。

 通常召喚の他に、カオスモンスターと同じ自己特殊召喚を内蔵している。
 特殊召喚自体はカオスを採用しうるデッキで幅広く使えるが、効果はほぼドラゴン族専用のため、【ドラゴン族】での採用が多くなるだろう。
 《ライトパルサー・ドラゴン》とは相性が良く、これとセットで採用するのが望ましい。
 また、《異界の棘紫竜》《バイス・ドラゴン》とは種族属性レベルが共通しており、いずれも特殊召喚しやすいことから、エクシーズ素材として共用するのも考えられる。

 効果《竜の渓谷》墓地を肥やす効果除外効果が備わったもの。
 あちらに比べると手札からのコストドラゴン族に限定されており、さらにこのカード自身も特殊召喚条件が容易とはいえ上級モンスターなので安定性ではあちらに軍配が上がる。
 しかし《サイクロン》などで墓地肥やしを妨害される心配がなく、モンスター故に再利用が容易、墓地送りはコストであるため妨害が困難、さらに除外のおまけがついているので状況さえ整えばあちら以上に戦況を有利に操作することができるだろう。
 【ドラゴン族】以外でも《バイス・ドラゴン》《デブリ・ドラゴン》などの汎用性の高いドラゴン族があれば効果を発揮できる。
 同じ除外効果を持つ《D.D.クロウ》と比べるとチェーンができないので、相手キーカードをあらかじめ除外しておく使い方がメインとなる。
 《竜の渓谷》と同様にドラゴン族を1度に2体というスピードで墓地肥やしができるので、《龍の鏡》発動条件が満たしやすくなり、《真紅眼の闇竜》強化値にも繋がる。
 《コドモドラゴン》《伝説の白石》サイバー・ダークに装備させるドラゴン族や四征竜墓地へ送るのも有効。
 除外するカードはあらかじめ見極めておく必要があり、自分カード除外するのも手である。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》等を除外《D・D・R》等で帰還させても良いし、《エクリプス・ワイバーン》効果も能動的に使いやすくなり、《ダーク・アームド・ドラゴン》特殊召喚するために墓地を調整することができる。
 また四征竜のいずれかを墓地に送り、それを即座に除外する事で、対応するドラゴン族モンスターを手札に加えることもできる。

関連カード

―《ダークフレア・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:1つ目の効果召喚ルール効果で、2つ目の効果起動効果です。(11/12/14)

Q:1つ目の効果での除外コストとして扱いますか?
A:いいえ、このカード特殊召喚するための手順でコストとして扱いません。(13/02/09)

Q:2つ目の効果手札デッキからドラゴン族モンスターを1体ずつ墓地へ送るのはコストですか?
A:はい、コストです。(11/12/10)

Q:2つ目の効果自分または相手墓地カード1枚を対象にとりますか?
A:はい、とります。(11/12/10)

Q:2つ目の効果のためにコスト墓地に送ったカード除外できますか?
A:はい、可能です。(11/12/10)

広告