《ダーク()バク/Dark Desertapir》

効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻1100/守 300
このカードがゲームから除外された時、
自分の墓地に存在するレベル4以下の
獣族モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した地属性獣族下級モンスター
 除外された時に下級獣族蘇生できる誘発効果を持つ。

 どこから除外されても効果発動できるが、任意効果なのでコスト除外するとタイミングを逃す
 そのため、効果除外する必要がある。

 汎用性の高い除外カードはまず《封印の黄金櫃》が挙げられる。
 デッキから直接除外できるため発動はしやすいが、2ターン後に手札に加わるためやはりもう一段活かしたいところ。
 除外帰還が同時である《ユニコーンの導き》ならば、手札に加わったこのカードを活かせ、ボード・アドバンテージも獲得しやすい。
 《レスキューラビット》帰還させれば、このカード蘇生効果を含め更にモンスターを展開しやすくなる。
 このカードが複数墓地に存在し、蘇生対象が十分に確保できているならば《魂の解放》蘇生カードとして活用できる。

 他に条件を満たせるカードとしては《亜空間物質転送装置》《刻剣の魔術師》等が挙げられる。
 メタを意識するなら《次元の裂け目》《異次元グランド》《異次元への隙間》も候補に入る。
 また、除外特殊召喚が同時扱いの《マドルチェ・ホーットケーキ》との併用でリクルート蘇生が同時に行える。
 とはいえマドルチェ墓地モンスターを溜めにくいカテゴリのため、蘇生先の確保には工夫を要する。

 このカード《子狸ぽんぽこ》《子狸たんたん》リクルートに対応し、こちらも効果であちらを蘇生できる。
 また、《森の聖獣 カラントーサ》蘇生することで除去に繋げられる。
 《No.64 古狸三太夫》を含むランク2のエクシーズ召喚が可能であるため、レベル2の獣族を主軸とした【獣族】ならば活用できるかもしれない。
 《モノマネンド》と相性が良く、デッキから同名カードリクルートでき、さらにあちらの誓約で除外することができる。

 いずれの除外ギミックを用いるにせよ、既存の獣族と格別相性が良いわけではない点は留意したい。

関連カード

―バクのモンスターについては《砂バク》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に除外された時に発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/09/17)


Tag: 《ダーク砂バク》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 獣族 攻1100 守300

広告