《チェーン・ブラスト/Chain Detonation》

通常罠
相手ライフに500ポイントダメージを与える。
このカードをチェーン2またはチェーン3で発動した場合、
発動後このカードは墓地へ送らず、持ち主のデッキに戻す。
チェーン4以降に発動した場合、持ち主の手札に戻す。

 CYBERDARK IMPACTで登場した通常罠
 チェーンカードの1枚であり、バーン効果チェーン2以降で発動した場合に墓地へ送らずにデッキまたは手札戻す効果を持つ。

 ダメージを与えるだけなら《ご隠居の猛毒薬》の方がダメージ数値も大きく、ドローしてすぐに使える分、このカードよりも遥かに優れる。
 チェーン2以降で発動した場合の効果を活かせない限り、採用する意義はない。

 チェーン2・3で発動した場合はデッキ戻すため、他のバーンカードを引く確率が下がり、平均火力を落とすことになってしまう。
 そのため、ハンド・アドバンテージの発生するチェーン4以降に発動しなければならない。
 しかし【チェーンバーン】で採用されるバーンカードは1回でこのカード3〜4回分の火力を叩きだすので、わざわざ手間をかけてこちらを使う理由はない。
 おまけにそれらと違いチェーン4以降でないと発動できない《積み上げる幸福》の発動補助として活用できない欠点まである。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:チェーン2で発動した場合、デッキに戻るのはどのタイミングですか?
A:このカードの効果解決後チェーン1の処理に入る前です。
  そのため、チェーン1の効果がこのカードを破壊するものであってもこのカードはデッキに戻ります。

Q:チェーン2で発動したところ、チェーン3で相手はこのカードに対し《砂塵の大竜巻》発動しました。
  このカードデッキに戻りますか?
A:いいえ、戻りません。
  このカードの処理に入る前にこのカード破壊された場合、戻る効果は発揮されません。


Tag: 《チェーン・ブラスト》 通常罠

広告