《ツイン・フォトン・リザード/Twin Photon Lizard》

融合・効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守1000
「フォトン」と名のついたモンスター×2
このカードをリリースして発動できる。
リリースしたこのカードの融合召喚に使用した
融合素材モンスター一組を自分の墓地から特殊召喚する。

 ORDER OF CHAOSで登場した光属性ドラゴン族融合モンスター
 自身をリリースする事で、融合素材一組を蘇生する起動効果を持つ。

 リリースすることで融合素材一組を特殊召喚できる。
 《融合》の消費分がディスアドバンテージとなるが、それに目をつぶれば、《融合》が「手札からフォトン2枚を特殊召喚するカード」となる。
 《銀河眼の光子竜》2体を融合素材とすれば総攻撃力6000となる。
 召喚成功時同名カードサーチする《フォトン・サーベルタイガー》とも相性が良く、融合召喚後にこのカードの効果を使用すれば手札2枚で総攻撃力4000となる。

 効果の意味がなくなってしまうが、《龍の鏡》融合召喚も可能。
 手札1枚から攻撃力2400のモンスターが出せるので、除去などに対する返しの一手として採用する価値は十分にある。
 《フォトン・リザード》《フォトン・スラッシャー》サーチ後、特殊召喚という自然な流れで融合素材を確保でき、このカード自身もフォトンと名がつくため、2体のフォトンを揃えることは容易である。
 レベル4のフォトン2体で《輝光帝ギャラクシオン》エクシーズ召喚し、効果で素材2つを取り除いて《銀河眼の光子竜》リクルート、最後に《龍の鏡》でこのカードを出せば総攻撃力7400を手札3枚で並べられる。
 消費はかさむが、《セイクリッド・カウスト》などを用いて《フォトン・ストリーク・バウンサー》をはじめとしたランクエクシーズモンスターの素材にしてしまってもいいだろう。
 デッキ構築の難易度は多少あがるが、《ライトパルサー・ドラゴン》《聖刻龍−トフェニドラゴン》から《聖刻龍王−アトゥムス》につなぎ《銀河眼の光子竜》を展開するといった動きも可能である。

  • Dチーム・ゼアルの「カイト(ハルトからの引き継ぎ)vsオボット(改)」戦でも、カイトが使用。
    そのデュエルフィニッシャーになった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《銀河眼の光子竜》融合素材にできますか?
A:できます。(11/11/19)

Q:墓地融合素材モンスター一組を対象に取りますか?
A:いいえ、取りません。(11/11/19)

Q:効果解決時墓地融合素材モンスター一組の内1体が墓地から存在しなくなった場合、残りの融合素材モンスター特殊召喚されませんか?
A:されません。(11/11/19)


Tag: 《ツイン・フォトン・リザード》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星6 光属性 ドラゴン族 攻2400 守1000 フォトン

広告