《ティマイオスの(まなこ)/The Eye of Timaeus》

通常魔法
このカードのカード名はルール上「伝説の竜 ティマイオス」としても扱う。
「ティマイオスの眼」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「ブラック・マジシャン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを融合素材として墓地へ送り、
そのカード名が融合素材として記されている融合モンスター1体を
エクストラデッキから融合召喚する。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した通常魔法
 《伝説の竜 ティマイオス》としても扱う効果外テキストと、フィールドブラック・マジシャンモンスター融合素材として融合召喚する効果を持つ。

 ブラック・マジシャンモンスター融合素材とする融合モンスター専用の融合召喚魔法カードである。
 《融合》と比較すると、融合召喚できるモンスターが大きく限定され、手札融合できず、自身のサーチ手段が乏しいものの、融合召喚に必要なカードが3枚から2枚に減る点がメリットとなっている。

 ブラック・マジシャンモンスター最上級上級モンスターであるため、フィールドに用意することが難しい。
 《E・HERO プリズマー》カード名ブラック・マジシャンモンスターに変更する方法が最も扱いやすい。
 《ブラック・マジシャン》通常モンスター専用サポートカードを使用できる他、《永遠の魂》があれば次のターン蘇生して再利用もできる。
 《E・HERO プリズマー》《ブラック・マジシャン・ガール》に変更した後で《賢者の宝石》《ブラック・マジシャン》リクルートすれば、このカード特殊召喚先も選びやすくなる。

 融合モンスターを出す以外には、このカードを含む伝説の竜全てを必要とする《レジェンド・オブ・ハート》コストとして採用することが考えられる。
 基本的にこのカード融合召喚した後、墓地にあるこのカード除外して《レジェンド・オブ・ハート》発動するという順番になる。
 《E・HERO プリズマー》ブラック・マジシャンモンスターを1枚ずつ採用すれば実現可能だが、手札事故が発生する可能性がある。
 デッキによっては完全に《レジェンド・オブ・ハート》コスト専用として割り切って使用することも考えられる。

  • 「ティマイオス」とは、古代ギリシャの哲学者プラトンの著作の一つであり、アトランティス大陸の伝説などについて記されている。
    「ドーマ編」に登場する秘密結社ドーマが、アトランティスの力を受け継ぐ集団である事からのネーミングと考えられる。
  • アニメでのイラストは、荒野に降り立っている様を横から見た構図になっていた。

関連カード

―《ティマイオスの眼》の姿が見られるカード

対応するカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:融合素材モンスター墓地へ送る処理と融合召喚する処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、同時に行う扱いではありません。(14/05/17)

Q:このカード融合召喚したモンスター対象《融合解除》発動した場合、墓地融合素材モンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、そのモンスターエクストラデッキに戻しますが、墓地融合素材モンスター特殊召喚する事はできません。(14/05/17)

Q:フィールド《マクロコスモス》が存在し、対象に選択したモンスター墓地へ送られる代わりに除外された場合でも融合召喚する効果適用されますか?
A:はい、その場合でも適用され特殊召喚されます。(14/05/25)

Q:《森羅の守神 アルセイ》効果で《伝説の竜 ティマイオス》と宣言できますか?
A:はい、宣言できます。(14/06/22)

Q:カード名《ブラック・マジシャン》として扱われている《E・HERO プリズマー》対象にこのカード発動し、効果解決時にその《E・HERO プリズマー》裏側表示になった場合、墓地へ送られますか?
A:いいえ、裏側表示になった時点でカード名《ブラック・マジシャン》と扱われなくなり墓地へ送られず、融合召喚する効果適用されません。(14/05/29)

Q:《ブラック・マジシャン》対象《融合識別》発動し、《月光舞豹姫》を見せました。
  このカードの効果《月光舞獅子姫》融合召喚できますか?
A:できません。(16/02/15)

Q:《ブラック・マジシャンズ・ナイト》対象《融合識別》発動し、《炎の剣士》を見せました。
  このカードの効果《黒炎の騎士−ブラック・フレア・ナイト−》融合召喚できますか?
A:できません。(16/02/15)


Tag: 《ティマイオスの眼》 魔法 通常魔法 伝説の竜 《伝説の竜 ティマイオス》

広告