《デーモンの将星(しょうせい)/Archfiend Commander》

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2500/守1200
自分フィールド上に「デーモン」と名のついたカードが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このターンこのカードは攻撃できず、
この方法による「デーモンの将星」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
この方法で特殊召喚に成功した時、
自分フィールド上の「デーモン」と名のついたカード1枚を選択して破壊する。
また、このカードがアドバンス召喚に成功した時、
自分の墓地からレベル6の「デーモン」と名のついた
モンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。

 Vジャンプ(2013年6月号) 付属カードで登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果、その際に自分デーモン1体を破壊する誘発効果アドバンス召喚時にレベル6のデーモン1体を蘇生する誘発効果を持つ。

 前半の効果フィールド上にデーモンカードが存在すれば状況を問わずに特殊召喚できる。
 その際の破壊対象にはデーモンであれば魔法・罠カードも選択できるので、いざとなればそれらを破壊するのも1つの選択肢となる。
 しかし、考えなしに使用してもボード・アドバンテージの損失や、このカード攻撃できない制約を背負う等のデメリットが付いてしまう。

 損失を緩和するには《トリック・デーモン》《デーモンの騎兵》等を破壊して特殊召喚するのが最も効率が良い。
 《暗黒魔族ギルファー・デーモン》とも相性が良く、装備カードの状態で破壊してもタイミングを逃す事なく再度装備可能なので実質損失がない。
 破壊対象には自身も選択できるので、手早く《補給部隊》《万魔殿−悪魔の巣窟−》コンボするために使うのも良い。
 破壊効果チェーンして対象を各種ウイルスカード媒体にするのも有効だろう。

 後半の効果アドバンス召喚に成功した時にレベルデーモン蘇生させる効果
 蘇生対象が大きく限定されているが同名カード蘇生できるため、このカードのみに採用を絞ればデッキスロットの圧迫を回避できる。
 リリース要員の確保には蘇生カード《堕落》によるコントロール奪取を使いたい。
 また、トークンを生成できる《終焉の焔》《デビルズ・サンクチュアリ》ならば《伏魔殿−悪魔の迷宮−》とも共有できる。
 ただし、《デーモンの雄叫び》蘇生してもリリースできない制約が付くため、《デーモンの騎兵》等を経由する必要がある点に注意。

 蘇生後は自身がレベル6なので、そのままランク6のエクシーズ召喚に繋げることができる。
 このカード攻撃力上級モンスターの水準に達しているため、状況によってはエクシーズ召喚せずにそのまま攻めるのも有効。
 ただし、守備表示蘇生するので、表示形式を変更しない限りはこのターン2体で攻撃することはできない。
 その場合は《伏魔殿−悪魔の迷宮−》特殊召喚効果を使い、蘇生対象除外して2体目以降のこのカード特殊召喚すると良い。

  • 「将星」とは将軍・将官の異名である。

関連カード

レベル6のデーモン

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自身の特殊召喚チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(13/04/20)

Q:自身の特殊召喚《神の宣告》無効にされた場合、同じターンにこの方法による特殊召喚はできますか?
A:いいえ、できません。(13/05/16)

Q:《スキルドレイン》フィールド上に存在している時にこのカードを自身の効果特殊召喚した場合、このターンこのカード攻撃できますか?
A:いいえ、その場合でも攻撃できません。(13/05/16)

Q:特殊召喚に成功した発動する効果対象を取る誘発効果ですか?
A:はい、そうです。(13/04/20)

Q:アドバンス召喚に成功した発動する効果対象を取る誘発効果ですか?
A:はい、そうです。(13/04/20)


Tag: 《デーモンの将星》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 悪魔族 攻2500 守1200 デーモン

広告