《ディープ・スペース・クルーザー・ナイン/Deep-Space Cruiser IX》

効果モンスター
星9/光属性/機械族/攻 900/守 900
このカードは手札からこのカード以外の機械族モンスター1体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚できる。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した光属性機械族最上級モンスター
 機械族墓地へ送ることで自身を特殊召喚する召喚ルール効果を持つ。

 コスト機械族に限定されるため機械族中心のデッキに採用し、シンクロ素材エクシーズ素材として使うことになる。

 シンクロ素材として使う場合、自身の特殊召喚後にレベル3以下のチューナー召喚することでレベル10・11・12のシンクロモンスターにつなげられる。
 リクルーター《機甲部隊の最前線》で出しやすく、フィールドに出す手段は多い。
 しかし、わざわざレベル9のこのカードを用いて高レベルシンクロ召喚を狙う理由はあまりない。
 レベル4以上のチューナーを用いるか、低いレベルシンクロモンスターを出す方が効率的である。

 基本的にランク9のエクシーズ召喚に利用するために採用する。
 《サイバー・リペア・プラント》サーチし、墓地《サイバー・ドラゴン》を利用して《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合召喚、その後このカードを展開という流れでランク9につながる。
 また、《サイバー・ネットワーク》によって帰還が可能なので、あちらの効果や、《オーバーロード・フュージョン》からの同時展開も狙える。
 バトルフェイズは行えなくなるが、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合召喚でも《サイバー・ネットワーク》墓地へ送ることができる。
 こういった【サイバー・ドラゴン】のギミックを利用する場合、自身の特殊召喚から《地獄の暴走召喚》で展開を狙ってもよいだろう。

 互いに特殊召喚用の手札コストに利用できる《銀河戦士》も相性が良い。
 《銀河の魔導師》を併用して《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》からのエクシーズ召喚を狙うのも面白い。

 しかし、他に特殊召喚しやすいレベル9の機械族がほとんど存在せず、エクシーズ召喚に繋ぐには必要枚数の多いコンボになることが多い。
 また、2体素材で出せるランク9の内、《幻子力空母エンタープラズニル》《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》機械族なので【機械族】なら《マーシャリング・フィールド》で容易に出せてしまう。
 機械族ではない《真竜皇V.F.D.》を出すならば、このカードを使う価値はある。

  • モデルは米国のSFテレビドラマ「スタートレック」シリーズの第3弾、「スタートレック ディープ・スペース・ナイン(DS9)」か。
    宇宙船を舞台としてきた従来作と異なり、「DS9」は宇宙ステーション「ディープ・スペース9」が主な舞台となる。
    このカードイラストデザインにも、「ディープ・スペース9」の構造との類似点が見られる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ディープ・スペース・クルーザー・ナイン》 効果モンスター モンスター 星9 光属性 機械族 攻900 守900

広告