《ディアバウンド・カーネル/Diabound Kernel》

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻1800/守1200
「ディアバウンド・カーネル」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃宣言時に発動する。
このカードの攻撃力は600アップする。
(2):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、このカードの攻撃力分ダウンする。
その後、このカードを次のターンのスタンバイフェイズまで除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEで登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 自身の攻撃宣言時に自己強化する誘発効果相手モンスター単体弱体化させ自身をスタンバイフェイズまで除外する誘発即時効果を持つ。

 (1)は攻撃宣言時に攻撃力を上げる効果
 ターンをまたいで維持できればその分攻撃力を上げ続けられ、一度効果発動すれば2400と上級モンスターとして十分な数値に届く。
 しかし逆を言えば一度攻撃宣言するまでは下級モンスター並の攻撃力しかないため、できれば戦闘補助が欲しいところ。
 2回攻撃連続攻撃を付与すればその分上げやすくなるが、カードの消費が増える。

 (2)は相手モンスター弱体化させ、自身を次のスタンバイフェイズまで除外する効果
 弱体化させる相手モンスターがいなければ発動できないものの、フリーチェーン発動できるため相手除去を回避しつつ弱体化が可能。
 他の一時的に除外する効果と比べ、コンバットトリックであるためダメージステップでも発動できるのが強み。
 自身の攻撃力分下げるため、最低でも1800と下げ幅は大きく、攻撃宣言を行い(1)の効果を使った後なら2400下げられる。
 (1)の効果強化した分もリセットされてしまうものの、維持して複数回狙うのは難しいため、こちらの効果を軸とした方が良い。

 上級モンスターだが元々の攻撃力は低く、弱体化も他のモンスター攻撃できなければ戻ってしまう。
 他のモンスターと並べての運用が前提となるのでなるべく特殊召喚したいところだが、中途半端なステータスサーチリクルートの手段に乏しい。
 《終末の騎士》《悪魔の嘆き》を使っての捨て蘇生などを行いたい。

  • アニメ版のイラストでは背景の中心部が黄色であったのに対し、OCG版では白色となっている。
    またOCG版はアニメ版と比較して尾部の蛇をやや強調した構図になっている。

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:この効果発動チェーンして《王宮の鉄壁》発動された場合、効果処理はどうなりますか?
A:攻撃力を下げる効果のみ適用され、自身を除外する効果適用されません。
  なお、《王宮の鉄壁》の効果が既に適用されている場合、効果発動する事自体ができません。(16/12/22)


Tag: 《ディアバウンド・カーネル》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 悪魔族 攻1800 守1200

広告