《ディメンション・ワンダラー/Dimension Wanderer》

効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「銀河眼の光子竜」の効果によってモンスターがゲームから除外された時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
相手ライフに3000ポイントダメージを与える。
「ディメンション・ワンダラー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 デュエリストパック−カイト編−で登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 手札から墓地へ送ることでバーンダメージを与える誘発効果を持つ。

 手札1枚から3000ポイントものダメージを狙うことができる。
 しかし、発動条件《銀河眼の光子竜》戦闘し、効果発動した時と非常に狭く、腐る可能性が高い。
 《銀河眼の光子竜》の性質上、能動的に効果発動する場合は「必要のない状況で発動する」ことになりがちな点も評価を下げる。
 腐ってもモンスターとして使用できるとはいえ、このステータスではあまり役立てることもできない。
 《ワンダー・ワンド》ドローに変えられるため、魔法使い族が多いなら併用してもよいか。

 使うなら《銀河眼の光子竜》を容易に展開できるようにフォトンギャラクシーサポートやドラゴン族サポートを用意しておきたいところだが、このカードがそれらのサポートを共有できないのも惜しい。

  • Dチーム・ゼアルの「遊馬vsカイト」戦でも、カイトが使用。
    自身の効果で遊馬に3000の効果ダメージを与えた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果の種別は何になりますか?
A:誘発効果になります。相手ターンでも発動できます。(12/09/15)

Q:《ファントム・オブ・カオス》などで《銀河眼の光子竜》効果を得て、除外した場合に発動できますか?
A:いいえ、除外する効果《ファントム・オブ・カオス》などが除外された時点でカード名《銀河眼の光子竜》でなくなり元のカード名に戻っていますので発動できません。(12/09/15)

Q:《ヒーロー・マスク》効果《銀河眼の光子竜》が別のカード名になっている時に、その《銀河眼の光子竜》効果モンスター除外した時にこのカード効果発動できますか?
A:いいえ、フィールド上で《銀河眼の光子竜》効果除外する処理を行う時点でカード名《銀河眼の光子竜》でない場合でも、このカード効果発動できません。(12/09/16)


Tag: 《ディメンション・ワンダラー》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 魔法使い族 攻0 守0

広告