《デコード・トーカー・ヒートソウル》

リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
属性が異なるサイバース族モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分・相手ターンに1000LPを払って発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、自分のLPが2000以下の場合、以下の効果を適用できる。
●フィールドのこのカードを除外し、
EXデッキから「デコード・トーカー・ヒートソウル」以外の
リンク3以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場する炎属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先モンスターの数だけ攻撃力自己強化する効果お互いターンライフコストを払うことで1枚ドローし、さらにライフポイントが2000以下ならば自身を除外してエクストラデッキから同名カード以外のリンク3以下のサイバース族特殊召喚する効果を持つ。

 リンク素材縛りにより、【サイバース族】の中でも属性がばらけている【コード・トーカー】【@イグニスター】ではリンク召喚しやすい。
 属性が統一されている【サラマングレイト】でも、主力と異なる属性以外の低リンクモンスターを経由すれば問題ない。
 ただし【マリンセス】では、《海晶乙女ブルースラッグ》《海晶乙女コーラルアネモネ》に制約があるため若干使いにくい。
 単体のカードで見ると《スプラッシュ・メイジ》が使いやすく、水属性以外のサイバース族蘇生すればこのカードリンク召喚に繋げられる。
 また、2体で出せる炎属性コード・トーカーは唯一なので、《サイバネット・コーデック》での炎属性サーチトリガーとしては《パワーコード・トーカー》より使いやすい面もある。

 (1)は《デコード・トーカー》と同じ効果なのであちらを参照。

 (2)はドロー及び特定条件下での特殊召喚効果
 ライフコスト1000で1ドローというのはそれなりに良い取引であり、気軽に使いやすい。
 相手ターンでも発動できるため往復1ターンで2枚ずつ手札が増えていき、維持できれば大きくハンド・アドバンテージも稼げる。
 単純にアドバンテージの取れるリンク3と見て、リンク4への経由とするだけでも十分。

 さらに、ライフが少なければ追加の特殊召喚も狙える。
 攻撃力2300以上のこのカード除外される関係上、特殊召喚するモンスターはそれなりのものを用意したい。
 リンク2を経由した場合はそれを蘇生できる《トランスコード・トーカー》が扱いやすい。
 【@イグニスター】では複数の展開が可能な《ダークナイト@イグニスター》や終盤ではフィニッシャーになれる《ファイアフェニックス@イグニスター》が存在する。
 攻撃力で言えば3500のステータスを持つ《星神器デミウルギア》がおり、あちらの(1)(2)は使えないものの(3)は有効なので、《星遺物−『星冠』》リクルートして相手の展開を牽制するといったことは可能。
 《星痕の機界騎士》も3000の攻撃力と(条件は求められるが)直接攻撃及び効果耐性を持つので候補となる。
 フリーチェーンで使用できるため、ライフ3000以下の攻撃後に使用することで特殊召喚したモンスターで追撃するといった事もできる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デコード・トーカー・ヒートソウル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 炎属性 サイバース族 攻2300 コード・トーカー

広告