《デスカイザー・ドラゴン(スラッシュ)バスター/Doomkaiser Dragon/Assault Mode》

効果モンスター
星8/炎属性/アンデット族/攻2900/守2000
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
自分・相手の墓地からアンデット族モンスターを
任意の数だけ選択して自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
このターンのエンドフェイズ時に破壊される。
また、フィールド上のこのカードが破壊された時、
自分の墓地の「デスカイザー・ドラゴン」1体を選択して特殊召喚できる。

 CRIMSON CRISISで登場した炎属性アンデット族特殊召喚モンスター
 特殊召喚に成功した時にアンデット族蘇生させる強制発動誘発効果、その効果蘇生したモンスターエンドフェイズ破壊する効果破壊された時に《デスカイザー・ドラゴン》蘇生させる任意発動誘発効果を持つ。

 効果無効化されるものの、任意の数だけアンデット族蘇生でき、シンクロ召喚エクシーズ召喚につなげれば1ターンキルも視野に入る。
 《デスカイザー・ドラゴン》と違い、自分墓地からも選択できるので【アンデット族】ならば相手に依存する事無く大量のアンデット族モンスターを展開できる。
 このカード特殊召喚するためにリリースした《デスカイザー・ドラゴン》とそのシンクロ素材墓地にあれば、まとめて特殊召喚できる。
 また、《アンデットワールド》が存在する場合、相手墓地からも自由に選択できるようになる。
 その場合、このカード破壊された時に、効果によって蘇生した《デスカイザー・ドラゴン》効果も有効活用できる。

 特殊召喚したモンスターエンドフェイズ自壊するが、そのターン中に勝負をつける等してしまえば、十分役目は果たせたといえるだろう。
 あるいは、《ゾンビキャリア》をこのカードや自身の効果蘇生する事で、複数のシンクロモンスターを容易に展開することも可能。
 《ゾンビキャリア》《デスカイザー・ドラゴン》の指定チューナーなので、狙える状況は多い。
 自壊を前提に《ゴブリンゾンビ》蘇生させても、アドバンテージを稼げる。
 または《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》コンボできれば、このモンスターランクエクシーズモンスター2体を並べる事も十分考えられる。

 /バスター共通の弱点として、このカード手札に来てしまうと死に札となってしまう。
 だが、このカードを利用するデッキならば《ゾンビキャリア》コストにしてしまえば無駄なくデッキ戻す事が出来るだろう。
 また、《戦神−不知火》墓地から除外すれば高い攻撃力を得られるため、いざとなれば《ゾンビ・マスター》《トレード・イン》などの手札コストにする手も考えられる。
 或いは、自分墓地に特定のモンスターを集めて特殊召喚する事で、《ゲート・ガーディアン》などの特殊召喚しにくいモンスターを狙ってみるのも一興か。

 また、眼目となる効果の性質上、自分ターンメインフェイズ《バスター・モード》発動すべきなのは明らか。
 つまり、罠カードである《バスター・モード》を最低2ターン守る手を考慮する必要が、/バスターの中でも重要なモンスターといえる。

関連カード

―《デスカイザー・ドラゴン/バスター》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:墓地アンデット族対象にとる効果ですか
A:対象にとります。(08/11/17)

Q:蘇生したモンスター裏側表示にした場合、効果無効化と自壊効果リセットできますか?
A:はい、リセットされます。(08/11/20)

Q:効果によって特殊召喚されたモンスターエンドフェイズ時に破壊される時、チェーンブロックは作りますか?
A:チェーンブロックは作りません。(08/12/06)


Tag: 《デスカイザー・ドラゴン/バスター》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 アンデット族 攻2900 守2000 /バスター 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告