《デストーイ・シザー・タイガー/Frightfur Tiger》

融合・効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻1900/守1200
「エッジインプ・シザー」+「ファーニマル」モンスター1体以上
(1):「デストーイ・シザー・タイガー」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが融合召喚に成功した時、
このカードの融合素材としたモンスターの数まで、
フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「デストーイ」モンスターの攻撃力は、
自分フィールドの「ファーニマル」モンスター
及び「デストーイ」モンスターの数×300アップする。

 スペシャルサモン・エボリューションで登場した闇属性悪魔族融合モンスター
 同名カードは1体しか存在できないルール効果融合素材の数までフィールドのカード破壊する誘発効果デストーイモンスター全体強化する永続効果を持つ。

 融合召喚時に最低でもカードを2枚破壊できるため、融合召喚ディスアドバンテージを即座に取り戻す事ができる。
 カードの種類表示形式を問わず、融合素材未満の数でも対象にできるため、非常に扱いやすい。
 《魔玩具融合》墓地に溜まったファーニマルを大量に素材にする事で、相手フィールドを一掃する事もできる。
 自壊の恐れが無い一方で、任意に自分カード破壊できるため、《トイポット》《デストーイ・ファクトリー》破壊するのにも使える。

 全体強化の数値は微量であるが、自身もデストーイの名を持つため、基本攻撃力は2200となる。
 《魔玩具融合》《デストーイ・ファクトリー》での連続融合との相性が良く、攻撃力が低めなデストーイを効率よく強化できる。

 このカードを2枚並べるより、一度に3枚以上の融合素材を使う方が基本的に消費は少なく、(1)の制約も重くはない。
 ただし、《エフェクト・ヴェーラー》等で効果無効化されると、2体目が呼び出せず苦しい展開を強いられるため、注意が必要である。
 再び融合召喚を行えるのなら《融合解除》の採用も視野に入るか。
 これであれば、同名カードを並べられないデメリットも軽減でき、相手カードを一掃出来る。
 同名カードで無ければ良いので《ヒーロー・マスク》の採用も考えられるが、事故率が上がってしまう。
 【E・HERO】【ファーニマル】も同じく融合召喚を得意とするため、構築次第では共存は可能である。

 総じて非常に優秀な融合モンスターであり、【ファーニマル】では《デストーイ・シザー・ウルフ》と並び主力の融合モンスターとなる。

  • 融合素材OCGと同じだった場合、《デストーイ・シザー・ベアー》よりこちらを出した方が良い場面が数多くあったのだが、何故か使われていなかった。
    OCGと同様、後から生まれた新カードで融合次元に帰還した際に入手したということなのだろうか。
    あるいは、素良は今までのデュエルでは「本気を出していない」と発言していたため、あえて使わなかったのかもしれない。
  • 破壊効果を使用した際は、腹部のハサミが伸びて対象カードを真っ二つにする演出がなされている。
  • 融合召喚時の口上は「融合召喚!現れ出ちゃえ!すべてを引き裂く密林の魔獣!《デストーイ・シザー・タイガー》!」。

関連カード

―《デストーイ・シザー・タイガー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《デストーイ・シザー・タイガー》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 悪魔族 攻1900 守1200 デストーイ

広告