《デフラドラグーン/Defrag Dragon》

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1000/守 600
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは手札の他のモンスター1体を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の墓地からこのカード以外の同名モンスター3体を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した闇属性ドラゴン族下級モンスター
 手札モンスター墓地へ送って自身を特殊召喚する召喚ルール効果同名モンスター3体を除外して蘇生する起動効果を持つ。

 (1)は手札からの特殊召喚効果
 手札墓地へ送る必要があり、消費がやや激しい。
 単にレベルモンスター特殊召喚ならば《マジック・ストライカー》《簡易融合》の方が融通が利く。
 同種の能力を持つ《クイック・シンクロン》と比べると、チューナーでない分用途は狭まる。

 このカードを使用するならばドラゴン族であることを活かしたい。
 カード消費上は同じだが、融合召喚カード無しで《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》特殊召喚したい場合には役立つかも知れない。
 基本的には蘇生カード墓地効果を発揮するモンスターとつなげたり、(2)への布石としたい。

 (2)は自己再生効果
 同名カード3枚が必要であり《イービル・ソーン》《レスキューラビット》など、同名カードサーチリクルートができるカードを併用したい。
 《サンダー・ドラゴン》《ヴォルカニック・バレット》はどちらの効果とも相性が良く、手札コスト墓地へ送る事で条件を満たせる。

  • (2)の効果テキストには「このカード以外の」とあるが、《デフラドラグーン》が4枚自分墓地に存在することはない為、現状意味のない記述となっている。
  • 名前は「デフラグ」+「ドラグーン」か。
    「デフラグ」とは「デフラグメンテーション」の略語である。
    ハードディスク等で断片化が発生すると、あちこちにデータが分散されるため、その分読み込みが遅くなってしまう。
    その分散されたデータを整理するのがデフラグである。
    このカードの(2)のコストは分散されたデータを整理するのを表しているものと思われる。

関連カード

手札コスト手札から特殊召喚できるモンスター《THE トリッキー》を参照。

収録パック等


Tag: 《デフラドラグーン》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 ドラゴン族 攻1000 守600

広告