《トークン》(黒咲隼)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

黒咲:『誇り高きハヤブサよ。英雄の血潮に染まる翼翻し、革命の道を突き進め!
    現れろ!RR−レヴォリューション・ファルコン!!』

 アドバンスド・トーナメントパック2015 Vol.4で登場したトークンカード
 イラストには黒咲隼と、《RR−レヴォリューション・ファルコン》が描かれている。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vに登場する、エクシーズ次元のデュエリスト。
    ユートの仲間であり、融合次元の「アカデミア」に連れ去られた妹・瑠璃を取り戻すべくレジスタンスとして戦っている。
    当初は融合次元を統べる赤馬零王との交渉のために赤馬零児を誘き出そうとLDS関係者を襲撃していた。
    零児もまた零王と敵対している事を知ってからは、対アカデミア組織「ランサーズ」の一員となっている。
  • 妹の黒咲瑠璃は「LL」という小鳥をモチーフとしたモンスター群を使用しており、兄妹でRightとLeftとで左右対にしているのかもしれない。
  • デュエルの実力のみならず格闘能力も非常に優れており、身のこなしも素早い。
    身体能力の高さはアクションデュエルにおいても活かされている。
  • 表面的には冷静沈着な性格であるが喧嘩っ早い一面があり、特に妹の瑠璃やそれを攫ったとされる融合次元関係の相手に対しては冷静でいられなくなる。
    短気な性格が災いしたのか劇中では大勢と乱闘するシーンも多い。
  • 初対面の柚子を瑠璃と勘違いして錯乱し、ユートがみぞおちを殴り失神させたシーンは、視聴者からは大いにネタにされている。
    これに限らず仲間を瓦礫から庇い負傷したり、セレナから不意打ちでスタンガンを食らって気絶するなど、デュエル以外の要因で退場させられる場面が多々ある。
  • LDSの人間を次々に無差別に襲った上にカード化するなど、目的のためには手段を選ばない場面が初期には多く目立った。
    このことは、仲間のユートからも窘められている。
  • 喧嘩っ早い・短気といった面は物語が進むにつれて改善され、成長した様子も見られる。
    シンクロ次元では収容所から脱出の際にランサーズのメンバーを気に掛ける等、比較的協調性のある行動をしている。
    エクシーズ次元では、家族をカード化され、かつての自分と同じく怒りに飲み込まれていたカイトデュエルを通じて諫めようとしている。
  • エクシーズ次元では、次元戦争になる前はプロデュエリストを目指していたらしい。
    • 他の次元の出身者からは苗字の「黒咲」で呼ばれることが多いが、ユートカイトなど、同じエクシーズ次元出身者からは名前の「隼」と呼ばれることが多い。
      彼らは妹で同じ苗字の瑠璃とも知り合いであるので、区別のために名前で呼んでいると思われる。
  • 最終的には妹の瑠璃も親友のユートも帰ってこない結末となっている。
    本人は柚子と遊矢の中に彼らが存在しているのならばと納得していたが、結果だけを見れば味方でかつ悪人でないにも関わらず遊戯王シリーズでも相当に悲惨な結末を迎えているキャラクターと言える。
  • デュエルでの活躍とネタ要素の両面からキャラクター人気は高く、公式で行われた第3回カードプロテクター「デザイン大投票」では1位に輝き、「黒咲隼&RR」スリーブが書き下ろしで商品化された。
  • 漫画ARC-Vにも登場しているが、アニメと異なりLDSの一員となっており、同じエクシーズ使いのユートとも面識は見られない。
    一人称はアニメ同様「俺」だが、雑誌版では稀に「私」とも言っている(コミックス版では「俺」に修正)。
    自分が極限まで追い詰められるのを楽しむ狂気的な人物として描かれており、アニメでは唯一無二の親友とまで断言したユートからは「友達が少ないタイプ」、「私は絶対に(友達に)なりたくない」とまで言われてしまっている。

関連カード

収録パック等

広告