《トゥーン・アンティーク・ギアゴーレム/Toon Ancient Gear Golem》

トゥーン・効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻3000/守3000
(1):このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
(2):自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
(3):このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(4):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した地属性機械族最上級トゥーンモンスター
 トゥーン化した《古代の機械巨人》
 フィールドに出たターン攻撃できないルール効果《トゥーン・ワールド》が存在する時に直接攻撃可能になる永続効果アンティーク・ギア共通の永続効果貫通永続効果を持つ。

 レベル攻撃力が同じトゥーンである《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》と似ているものの、このカード特殊召喚モンスターではなく、《スケープ・ゴート》等のトークンを利用するにはリンク召喚を挟んでアドバンス召喚する必要がある。
 一方、通常召喚が可能であり、他のカードの効果による特殊召喚にも対応する点で勝り、あちらにはない貫通効果相手魔法・罠カードの使用を制限できる効果も持ち合わせる。
 また《トゥーン・キングダム》適用下ならば、更に強固な耐性を得つつ《リミッター解除》による大火力を放った後も、そのデメリットによる破壊を回避して場に居残れる。
 機械族トゥーンには他にも《トゥーン・サイバー・ドラゴン》《トゥーン・リボルバー・ドラゴン》がおり、機械族主軸の【トゥーン】を組むのも面白い。
 《トゥーン・ワールド》破壊されても自壊するデメリットも無く、直接攻撃能力に頼らずとも構わない攻撃力効果を備えた、トゥーン最高クラスのアタッカーと言える。

 変わった使い方としては《トゥーンのもくじ》で容易にサーチできる点を活かし、《古代の機械魔神》などの融合素材として使う手もある。
 《古代の機械巨人》《融合準備》《融合徴兵》サーチできるため、これらのサーチカードを複数枚採用すれば融合素材を安定して手札に揃えることができる。
 機械族最上級モンスターという括りでも通常魔法サーチ可能なカードは珍しく、《マシンナーズ・フォートレス》などのコストに使う手もある。
 ただ、そのようなデッキでは攻撃できないデメリットが痛すぎるため、普通にフィールドに出すのは控えた方がいいだろう。
 フィールドに出す場合も、相手ターン《リビングデッドの呼び声》《戦線復帰》蘇生する等の工夫が欲しい。
 《歯車街》破壊して出せれば効率は良いが、フィールドゾーンが埋まってしまうため《トゥーン・キングダム》耐性が活かせない欠点も生ずる。
 《トゥーン・キングダム》と併用するのであれば《古代の機械要塞》の利用も考えられる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《トゥーン・アンティーク・ギアゴーレム》 モンスター トゥーンモンスター 効果モンスター 星8 地属性 機械族 攻3000 守3000 トゥーン アンティーク・ギア

広告