《トリック・デーモン/Archfiend Heiress》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守   0
このカードがカードの効果によって墓地へ送られた場合、
または戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、
デッキから「トリック・デーモン」以外の
「デーモン」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
「トリック・デーモン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 デーモンの1体であり、カードの効果または戦闘破壊墓地へ送られた場合に、同名カード以外のデーモンサーチできる誘発効果を持つ。

 カードの効果であればどこから墓地へ送られたとしても効果を使え、また、墓地へ送られた場合」なのでタイミングを逃すこともない。
 発動条件が緩く、《終末の騎士》《おろかな埋葬》が実質デーモンサーチカードとなる。
 《魔界発現世行きデスガイド》《魔サイの戦士》リクルートしてランク3のエクシーズ召喚を行い、《魔サイの戦士》墓地へ送る事でこのカードデッキから落とすのも有効。
 《トランス・デーモン》との相性もよく、《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》などを利用した帰還が戦術レベルで組み込める。
 また、デーモンではないが《天魔神 ノーレラス》効果に巻き込み、《デーモンの雄叫び》サーチする事でその後の展開を有利にできる。
 魔法・罠カードも含めたあらゆるデーモンサーチできるので、【デーモン】で必須となるサポートカードである。

 一方でステータスが低く、フィールドを経由してサーチする場合は速度がやや遅くなる。
 《連鎖除外》は天敵であり、サーチする間もなく根こそぎ除外されてしまう。
 もっとも、守備力が0なので《ミストデーモン》《デーモンの騎兵》と共に《悪夢再び》サルベージできる利点もある。

 サーチ対象にはデーモンに直接携わらないカードも多く、これらのサーチ手段として【デーモン】以外で採用する事も考えられる。
 とりわけデッキトップ操作コンボを狙うデッキではキーカードとなる《デーモンの宣告》サーチできるのはありがたい。
 【天変地異コントロール】では墓地へ送る手段や召喚権の兼ね合いでやや扱いにくいが、【アスワン】であれば共有できるカードが多く採用が検討できる。
 《インフェルニティ・デーモン》サーチ《インフェルニティ・ネクロマンサー》と一部のカードを共有できる【インフェルニティ】も候補となる。

  • コナミのゲーム作品において―
    Duel ArenaではWCS2014入賞者挑戦キャンペーンの賞品として登場。
    解説文には「キュートな見た目とは裏腹に強力な魔力を持つ、イタズラ好きな悪魔族の少女」といった趣旨の内容が書かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にこのカードカードの効果によって墓地へ送られた場合でも、このカード効果発動できますか?
A:はい、できます。(13/04/22)


Tag: 《トリック・デーモン》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻1000 守0 デーモン

広告