《トリックスター・スイートデビル/Trickstar Black Catbat》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻2000
【リンクマーカー:左/右】
「トリックスター」モンスター2体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られる度に、相手に200ダメージを与える。
(2):「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
このカードのリンク先のモンスターの数×200ダウンする。

 CIRCUIT BREAKで登場した光属性天使族リンクモンスター
 リンク先モンスター破壊され墓地へ送られる度に効果ダメージを与える永続効果トリックスターモンスター効果相手ダメージを受ける度に相手モンスター弱体化する誘発効果を持つ。

 リンク召喚については《トリックスター・ホーリーエンジェル》を参照。
 こちらはリンクマーカーが左右にあるのでメインモンスターゾーンに出すべきモンスターである。
 そのため《トリックスター・ホーリーエンジェル》に比べ展開の起点にするのは難しい。
 よって基本的に《トリックスター・ホーリーエンジェル》を先にリンク召喚し、あちらのリンク先にこのカードリンク召喚するのが理想。
 エクストラモンスターゾーンのこのカードリンク素材などにして墓地に送った後に、《トリックスター・リンカーネイション》効果メインモンスターゾーン蘇生するという手もある。

 (1)はリンク先モンスター破壊され墓地へ送られる度にバーンダメージを与える効果
 しかし相手もこのモンスター効果を承知でリンク先モンスターを狙うことはまずなく、真っ先にこのカード破壊しに来るはずである。
 よって能動的に発動するには自爆特攻自分カード破壊する必要があるが、ダメージは微々たるものなので、そこまでして発動を狙うものでもない。
 なお、このモンスターリンク先が同時に効果破壊される場合は適用不可能という裁定となっている。

 (2)はトリックスターバーン効果トリガー相手モンスター弱体化する効果
 (1)の効果でも発動するが、弱体化の数値はリンク先モンスターの数に依存するので、他のトリックスター効果発動を狙った方がいい。
 リンク先バーン効果を持つトリックスターを配置し、それらの効果ダメージを与え続けるのならリンク先モンスターを減らさず弱体化効果発動できる。
 1回の弱体化は微々たるものだが、発動回数に制限はない為、連続で発動できれば効果ダメージを与えつつ戦闘ダメージの増加も狙える。

  • CIRCUIT BREAK SETによれば、モチーフは東南アジア原産の植物「ブラックキャット」。
    正式な和名を「クロバナタシロイモ」といい、「デビルフラワー」の名称でも知られる。
    真っ黒で無数の細長い苞(葉が変形したもの)が突き出した不気味な花を咲かせることからこの名がついた。
    このモンスターも「ブラックキャット」の名の通り、猫の耳に見える形をした角や黒ネコのしっぽを持っている。
    なお近縁のタシロイモは現地で救荒作物として飢饉時の食料にされているが、イモに苦味と毒性があるためデンプンのみを取り出して食べる。
  • 直接攻撃は、ステッキで2度殴打した後に雷撃でトドメを刺すという見かけによらず激しいものだった。
  • 同作においてブルーエンジェルが使用した永続罠《トリックスター・ペレニアル》のイラストに描かれている。
  • アニメVRAINSの第25話で高架にモンスターの姿をした子供が3人いたのだが、左端の少女は背中の羽とネコミミを見るにこのモンスターのコスプレをしていたようだ。

関連カード

収録パック等


Tag: 《トリックスター・スイートデビル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 天使族 攻2000 トリックスター

広告