《ドラグニティナイト−ロムルス》

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/ドラゴン族/攻1200
【リンクマーカー:左下/右下】
トークン以外のドラゴン族・鳥獣族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ドラグニティ」魔法・罠カードまたは「竜の渓谷」1枚を手札に加える。
(2):ドラゴン族モンスターがEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚された場合に発動できる。
手札からドラゴン族・鳥獣族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、リンク素材にできない。

 LINK VRAINS PACK 2で登場した風属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にドラグニティ魔法・罠カードまたは《竜の渓谷》サーチする誘発効果エクストラデッキからドラゴン族が自身のリンク先特殊召喚された場合に手札からドラゴン族鳥獣族特殊召喚する誘発効果を持つ。

 リンク素材ドラゴン族鳥獣族の2体であり、ドラグニティシンクロモンスターシンクロ召喚手順をそのまま使える。

 (1)は《竜の渓谷》ドラグニティ魔法・罠カードサーチする効果
 《ドラグニティの神槍》なら即座にこのカードに装備し、《ドラグニティ−ファランクス》装備カードにして展開の起点にできる。
 この方法で特殊召喚した《ドラグニティ−ファランクス》であればリンク素材にできるため、このカードと共にリンク3にしたり、《守護竜エルピィ》《守護竜ピスティ》リンク召喚し、(2)の効果に繋げることが可能。
 《竜の渓谷》ならドラグニティサーチして(2)の効果で展開できる他、《亡龍の戦慄−デストルドー》を併用したシンクロ召喚にもつなげやすい。

 (2)はエクストラデッキからドラゴン族特殊召喚された場合に手札からモンスターを展開できる効果
 エクストラデッキからの特殊召喚であれば召喚方法は問わないが、シンクロ召喚エクシーズ召喚で満たすことを考えると、その素材も並べる必要があり条件が厳しい。
 ペンデュラム召喚でも条件を満たすことができ、《覇王眷竜ダークヴルム》ペンデュラム効果闇属性縛りがある状況でも、この効果で展開を補助することができる。
 1枚で展開できる《簡易融合》などを利用すれば発動はしやすい。
 効果無効になるが、リンク素材以外であれば各種素材に使える。

 ドラグニティシンクロモンスターが出せる状況の場合、基本的にそちらを優先したい場合が多い。
 こちらはレベルが合わない場合に使える意味はあるが、それでもシンクロ召喚にはつなげやすい効果とは言えない。
 また、【ドラグニティ】の主力はリンク先がなくとも動ける場合が多く、こちらを経由する必要も薄い。

 ただ、ドラグニティを採用していないドラゴン族主体で使える余地はある。
 ドラゴン族を並べれば、《竜の渓谷》サーチしてそこから動ける。
 (2)のトリガーとなるエクストラデッキからの特殊召喚《守護竜エルピィ》などで狙いやすい。
 《暗黒竜 コラプサーペント》《輝白竜 ワイバースター》も相性が良く、このカードリンク素材に使った後でもう一方をサーチすることで《守護竜エルピィ》などの素材を確保できる。

 《スニッフィング・ドラゴン》《伝説の白石》などフィールド召喚特殊召喚された場合や墓地へ送られた場合にドラゴン族サーチできるカードも相性がよい。
 このカードリンク素材となりつつ、《竜の渓谷》手札コストも確保できる。
 (2)のトリガーとする《守護竜エルピィ》などの素材に使うと同時に、手札から特殊召喚できるモンスターも用意できる。

  • 「ロムルス」とはローマ神話上でのローマ建国者の名である。
    詳細は《牙狼の双王 ロムルス−レムス》を参照。
    • ドラグニティナイトは基本的に槍の名前を冠していることを踏まえると、直接のモチーフは「建国の槍」だと思われる。
      ローマ建国の際にロムルスによって大地に突き立てられ、大樹となってその存亡を見守ったとされる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ドラグニティナイト−ロムルス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 風属性 ドラゴン族 攻1200 ドラグニティ

広告