《ドラゴン・復活(ふっかつ)狂奏(きょうそう)/Dragon Revival Rhapsody》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、
ドラゴン族の通常モンスターを含む、自分の墓地のドラゴン族モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

 EXTRA PACK 2018で登場した通常魔法
 魔法使い族モンスターの存在を条件に、ドラゴン族通常モンスター1体またはそれに加えてドラゴン族をもう1体の合計2体を蘇生する効果を持つ。

 蘇生対象発動条件の関係上、ドラゴン族魔法使い族を混合させる必要がある。
 《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの統制者−》はこのカードサーチできる魔法使い族なので併用したい。
 【青眼の白龍】では青き眼チューナーを利用するのも良く、《光の霊堂》もあれば召喚権の消費と墓地肥やしの問題も解決する。
 エクストラデッキモンスターで満たすのも手であり、《アカシック・マジシャン》【ドラゴン族】であっても出しやすく効果汎用性が高い。
 炎属性を入れる場合は《灼熱の火霊使いヒータ》を使うのも手。
 後述のデメリットの都合でメインフェイズ2に発動する場合は、通常召喚したモンスター《副話術士クララ&ルーシカ》に変えることでも発動条件を満たせる。
 また、この時リンク素材にしたモンスタードラゴン族通常モンスターならば、そのままこの効果対象とすることができる。

 蘇生カードの常ではあるが、対象モンスターを如何に素早く墓地へ送るかも重要となる。
 ドラゴン族墓地肥やしの手段も豊富だが、中でも《竜の霊廟》は抜群の相性であり、通常モンスター+αを1枚でデッキから落とす事ができる。

 ただし、発動した後は相手ダメージを与えられないデメリットがあり、メインフェイズ1で使うのは悩ましい。
 ドラゴン族通常モンスターともなれば《銀龍の轟咆》《思い出のブランコ》など蘇生可能なカードも多く、デッキの構築と相談し選択するといいだろう。
 このカードの利点は、やはり1度に2体の蘇生が行え、かつ2体目は効果モンスターでもよくその効果無効にならない点が挙げられる。
 メインフェイズ2で発動する分にはバーン効果に繋げない限りデメリットがないに等しく、バトルフェイズ除去を食らった際の立て直しもやりやすい。
 その他、先攻ターン目や他の戦闘ダメージを放棄するカードと併用して制圧盤面の構築に力を注ぐターンにしても良いだろう。
 例えば【真紅眼の黒竜】では蘇生したモンスター2体で《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》エクシーズ召喚する事でリンクモンスターの大量展開が可能となる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ドラゴン・復活の狂奏》 魔法 通常魔法

広告