《ナーゲルの守護天(しゅごてん)

永続魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分のメインモンスターゾーンの「ティンダングル」モンスターは戦闘及び相手の効果では破壊されない。
(2):自分の「ティンダングル」モンスターが相手に戦闘ダメージを与える場合、
1ターンに1度だけそのダメージは倍になる。
(3):墓地のこのカードを除外し、手札から「ティンダングル」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ナーゲルの守護天」1枚を手札に加える。

 EXTREME FORCEで登場した永続魔法
 ティンダングルモンスター破壊耐性を与える効果ティンダングルモンスターの与える戦闘ダメージを1度だけ倍にする効果同名カードサーチする効果を持つ。

 ティンダングルサポートカードの1つだが、ティンダングルの名を冠しておらず、《ティンダングル・アポストル》《ティンダングル・イントルーダー》サーチに対応していない。

 (1)はティンダングルモンスターへの耐性付与であり、戦闘効果のどちらにも破壊されない状態となる。
 守備力の低いリバースモンスターを生き残らせリンク素材などに活用できる。
 また、ティンダングルを維持することで、《オイラーサーキット》ロックの条件も満たしやすくなる。
 ただし、裏側表示ティンダングルには耐性が付与できず、効果破壊される点には留意したい。

 (2)は戦闘ダメージを一度だけ倍にする効果
 《ティンダングル・ハウンド》《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》は高攻撃力になりやすく、この効果を活かしやすい。
 《オイラーサーキット》攻撃力0のティンダングル送りつけた場合はさらにダメージ増加を見込める。
 《伝説のフィッシャーマン三世》と同じく、そのターンに初めて相手が受ける戦闘ダメージが倍になるため、攻撃する順番には注意。

 (3)は墓地のこのカード除外手札ティンダングルカードコスト同名カードサーチ
 ティンダングル墓地カードを要求することが多いので手札コストにしてもメリットにできる。
 手札消費はあるが《おろかな副葬》サーチすることもできる。

  • 名前の由来は、幾何学で使用される用語「ナーゲル点」か。
    イラストにおいて、三角形の中心辺りで輝いているのがイラストの三角形におけるナーゲル点である。
    三角形の周りにある赤青黄の光は、傍接円(三角形の外にある、三角形の2辺の延長線に接する円)を表しているのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ナーゲルの守護天》 魔法 永続魔法

広告