《ナチュル・フライトフライ/Naturia Fruitfly》

効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻 800/守1500
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手フィールド上のモンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールド上の「ナチュル」と名のついた
モンスターの数×300ポイントダウンする。
また、1ターンに1度、相手フィールド上の
守備力が0のモンスター1体を選択し、
エンドフェイズ時までコントロールを得る事ができる。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した地属性昆虫族下級モンスター
 ナチュルの数だけ相手モンスター攻撃力守備力を下げる永続効果守備力0のモンスターコントロール奪取する起動効果を持つ。

 弱体化効果は自身もカウントされるため、実質的に攻撃力1100・守備力1800のモンスターとして扱える。
 《地獄の暴走召喚》は非常に相性が良く、3体それぞれ900ポイント、合計2700ポイントもの弱体化になる。
 【ナチュル】では《ナチュル・パンプキン》等を併用すれば並べやすい。

 コントロール奪取効果は1つ目の弱体化効果と噛み合っており、単体でも守備力300以下の相手モンスターコントロールが奪える。
 2体ならば600以下、3体ならば900以下とナチュルが並ぶ毎にコントロール奪取の可能範囲が拡大していく。
 弱体化をサポートする《凶暴化の仮面》等の他、守備力を0にできる《ミクロ光線》《アヌビスの呪い》と併用していくのも良いだろう。
 前述の《地獄の暴走召喚》ならば大幅な弱体化に加え、3体全てがコントロール奪取効果を使うことができるので大きなアドバンテージを稼げる。
 ただし、その場合はモンスターカードゾーンが埋まる可能性もあるため、奪ったモンスターリリースなどで処理する手段があると良い。
 相手依存だがチューナーや同レベルモンスターを奪うことができればシンクロ召喚エクシーズ召喚に繋ぐこともできる。

 【苦痛ワンフー】【アルティメット王虎】への採用も考えられる。
 ただし、このカード攻撃力は1400以下のため、召喚特殊召喚では《王虎ワンフー》破壊されてしまう。
 自身の効果《強者の苦痛》アルティメット・インセクトによる弱体化を活かし、リバースからの効果の適用を狙いたい。

  • 昆虫の身体は大きく分けて3つの部位で構成されているが、このカードは頭部がプルーン、胸部がぶどう、腹部が苺でできている。
  • 英語名の「Fruitfly」は「ミバエ(実蠅)」あるいは「ショウジョウバエ(猩猩蠅)」のこと。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:数値減少は永続効果コントロール奪取起動効果です。(09/08/04)

Q:コントロール奪取の効果処理を行う時にその対象に選択したモンスター守備力が0より大きくなったり、裏側表示になった場合に効果適用されますか?
A:いいえ、不発になります。(10/08/02)


Tag: 《ナチュル・フライトフライ》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 昆虫族 攻800 守1500 ナチュル

広告