《ナチュル・マロン/Naturia Marron》

効果モンスター
星3/地属性/植物族/攻1200/守 700
このカードが召喚に成功した時、
自分のデッキから「ナチュル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事ができる。
また、1ターンに1度、自分の墓地に存在する
「ナチュル」と名のついたモンスター2体を選択してデッキに戻し、
自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した地属性植物族下級モンスター
 ナチュルの1体であり、召喚に成功した時に墓地を肥やす誘発効果と、ドローを行う起動効果を持つ。

 ナチュルには墓地を参照するカードが多く、自身もナチュルのつく事を考えると墓地を肥やす要員として使える。
 特に、自己再生する《ナチュル・パイナポー》とは、種族が一致する点からも相性が良い。
 また、墓地に落としたカード《ナチュル・エッグプラント》で回収することで、好きなナチュル手札加える事が可能となる。

 後半のドロー効果発動する機会は多いが、墓地アドバンテージを失ってしまう。
 できれば《ナチュル・チェリー》《ナチュル・クリフ》リクルート先等、デッキ戻す利点のあるモンスターと併用したいところである。
 また、融合モンスターシンクロモンスターを選択した場合はエクストラデッキ戻るので、再利用しやすい。
 ナチュルには汎用性が高いモンスターも多いため、《ナチュル・コスモスビート》などと一緒にデッキに採用するのも手。
 その場合《ナチュル・ビースト》をはじめとするシンクロモンスターも積極的に出していきたい。

 これら2つの効果は、ナチュルでは珍しく自発的に使える効果である上、発動条件も容易である。
 《ナチュル・ハイドランジー》を使う場合は、是非採用しておきたい。

  • 「マロン(仏:Marron)」は現代ではクリの実を意味し、このモンスターもクリをモデルにしている。
    元々はフランス語でマロニエ(西洋トチノキ)の実のことをマロンと読んだが、クリがマロニエの代用として料理に使われた結果徐々にクリの事もマロンと呼ぶようになっていったとされる。

関連カード

墓地カードデッキ戻しドローする効果《貪欲な壺》を参照

収録パック等

FAQ

Q:ナチュルと名のついたモンスター2体を選択してデッキ戻すのはコストですか?
A:デッキ戻すのは効果処理となります。(11/07/17)

Q:自分の墓地に存在するナチュルと名のついたシンクロモンスター融合モンスターを選択する事は可能ですか?
A:ナチュルと名のついたシンクロモンスター融合モンスターデッキに戻し、ドローする事ができます。(11/07/17)

Q:以下のカード効果で、対象カードが全てエクストラデッキに戻った場合、効果ドローする前にデッキシャッフルしますか?
A:《炎帝近衛兵》
《星因士 シリウス》
《聖騎士の三兄弟》
《ナチュル・マロン》
《氷結界の輸送部隊》
《ダイガスタ・エメラル》
《金満な壺》
《グラディアル・リターン》
《貪欲な壺》
《貪欲で無欲な壺》
《ホープ・オブ・フィフス》
《竜星の輝跡》
《サイコ・チャージ》
《TGX3−DX2》
《貪欲な瓶》:デッキカードが1枚も戻っていないのであれば、そのデッキシャッフルせずに効果処理を行います。(16/01/25)


Tag: 《ナチュル・マロン》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 植物族 攻1200 守700 ナチュル

広告