《ハーピィ・チャネラー/Harpie Channeler》

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1400/守1300
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):自分フィールドにドラゴン族モンスターが存在する場合、このカードのレベルは7になる。
(3):手札から「ハーピィ」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ハーピィ・チャネラー」以外の「ハーピィ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果自分フィールドドラゴン族が存在する場合にレベル7になる永続効果ハーピィリクルートする起動効果を持つ。

 (1)の効果については《ハーピィ・クィーン》を参照。

 (2)の効果は、自分の場にドラゴン族が存在する場合にレベル7になる効果
 基本的に、(3)の効果《ハーピィズペット竜》リクルートしてランク7のエクシーズ召喚を狙うための効果である。
 《嵐征竜−テンペスト》特殊召喚しやすいレベル7のドラゴン族なのでランク7を狙いやすい。
 他にも《スワローズ・ネスト》による《ダーク・シムルグ》などのリクルートなどに使える。
 なお、この効果は強制であり、ドラゴン族がいる場合レベル4としては使えなくなる点には注意が必要である。

 (3)は、ハーピィカード手札から捨てることで、ハーピィデッキから特殊召喚する効果
 コストハーピィカードが必要だが、墓地へ送った《ハーピィ・レディ》《ヒステリック・パーティー》蘇生でき、手札に来た《ハーピィズペット竜》も活用できるので、それほど重くはない。
 ハーピィ魔法・罠カードコストにできるので、手札で重複した《ハーピィの狩場》の処理にも役立つ。
 レベル4のハーピィリクルートすればそのままランク4のエクシーズ召喚が狙える。
 特殊召喚した場合に効果発動できる《ハーピィ・パフューマー》とは相性がよく、あちらの効果でこのカード手札コスト分の損失をまかなうこともできる。

 変わったところでは、フィールドに2体、墓地に1体のモンスターを揃えられるため、《The アトモスフィア》召喚も視野に入る。
 また、リクルート対象にはレベル制限がなく、《ハーピィズペット竜》リクルートが可能。
 表側守備表示でしかリクルートできないので攻撃はできないが、(2)の効果と合わせてランク7のエクシーズ召喚が狙える。

 《ヒステリック・パーティー》などでこのカード2体を含む4体のハーピィを展開。
 このカード2体以外の2体でドラゴン族《ドラグニティナイト−ロムルス》リンク召喚すれば、残ったこのカード2体はレベル7となりランク7のエクシーズ召喚が可能。

  • 「チャネラー(Channeler)」とは霊的存在や宇宙人との交信を行う者の呼び方の一つ。
    実質的には交霊師や巫女等と変わりはない。

関連カード

―《ハーピィ・チャネラー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:(1)は効果分類のない効果ルール効果)、(2)は効果永続効果、(3)は起動効果です。(13/06/13)

Q:フィールドに《ハーピィ・チャネラー》とドラゴン族モンスターが存在する時に、墓地《レベル・スティーラー》効果を《ハーピィ・チャネラー》を対象に発動するとどうなりますか?また、その後ドラゴン族モンスターフィールドに存在しなくなった場合、どうなりますか?
A:レベル6になります。その後ドラゴン族モンスターフィールドに存在しなくなった場合はレベル3になります。(13/02/20)


Tag: 《ハーピィ・チャネラー》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 鳥獣族 攻1400 守1300 ハーピィ

広告