《ハイパーサイコガンナー/Hyper Psychic Blaster》

シンクロ・効果モンスター
星9/地属性/サイキック族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のサイキック族モンスター1体以上
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ終了時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ自分のライフポイントを回復する。 

 CRIMSON CRISISで登場した地属性サイキック族シンクロモンスター
 貫通ダメージを与える永続効果自分ライフ回復する誘発効果を持つ。

 種族の指定こそあるが、チューナー以外のモンスターが1体で済む点が幸いし、高レベルシンクロモンスターでありながら【サイキック族】ではシンクロ召喚しやすい。
 《フューチャー・グロウ》レベル4〜5のサイキック族除外すれば《サイバー・エンド・ドラゴン》と同等の攻撃力が得られ、相手トークンなどを展開していれば膨大なライフ・アドバンテージが狙える。
 モンスター効果の発動攻撃を要するため除去は怖いが、それを覚悟でどんどん攻め込むとよいだろう。
 シンクロ召喚する場合は、以下のような組み合わせが考えられる。

  1. 《サイコ・コマンダー》レベルサイキック族×2、またはレベルサイキック族
  2. レベル4のチューナー《マジカル・アンドロイド》
  3. レベル2のチューナー《サイコ・ヘルストランサー》
  4. レベル1のチューナー《メンタルスフィア・デーモン》または《マスター・ジーグ》
  5. 《サイコ・コマンダー》《マックス・テレポーター》
  6. 《ガスタ・ガルド》《ガスタの賢者 ウィンダール》

 【サイキック族】では、1.がもっとも容易だろう。
 《ストーム・サモナー》《サイコ・エンペラー》ならば、《アポート》特殊召喚するのが理想的。
 《アーマード・サイキッカー》は、自分フィールド上にサイキック族モンスターが存在する時リリースなしで召喚可能であり、《サイコ・コマンダー》《緊急テレポート》特殊召喚すればすぐさまシンクロ召喚できる。
 《マックス・テレポーター》は自身の効果《サイコ・コマンダー》デッキから特殊召喚し、即座にこのカードシンクロ召喚できる。
 いずれの場合も《緊急テレポート》《二重召喚》《脳開発研究所》と合わせる事で、格段にシンクロ召喚が楽になる。

 上記以外の組み合わせの場合では《サイキックブレイク》などによるレベルの調整が考えられる。
 レベル4のチューナー(またはレベル4になった《サイコ・コマンダー》)+レベル5になった《サイコ・ウォールド》などが現実的だろう。
 《ギブ&テイク》との相性も良く、その効果自分モンスターレベルを3〜4程度上げてやれば、2体でシンクロ召喚するのは容易い。
 さらに相手フィールド上に蘇生されたモンスターは、シンクロ召喚されたこのカード攻撃する恰好の的になる。
 他には、この効果によって受けるダメージはあまりに大きいが《サイコ・チューン》を利用するという手もある。

 また、このカードに限った話ではないが、高レベルシンクロ召喚をする際に、一度にレベルを合わせるのではなく、一度他のシンクロモンスターを経由するのも有効である。
 特にサイキック族には優秀な下級チューナーが多く、複数場に並ぶことも少なくないので、レベルは足りているがチューナーが複数いてシンクロ召喚出来ない場面も多いのでうまく合わせていこう。
 当然の事ながらエクストラデッキシンクロモンスターが無くなるのも早いので注意が必要だが、《サイコ・チャージ》と組み合わせれば、それを補いつつドロー加速もできる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:貫通効果永続効果ライフ回復効果誘発効果です。(08/11/18)

Q:このカードが守備表示《ニュードリュア》《人喰い虫》などを攻撃して、これらのカードの効果でこのカードが破壊された場合でもライフ回復効果発動しますか?
A:はい、その場合でもダメージステップ終了時にライフ回復効果発動します。(08/11/19)

広告