《ハイパーハンマーヘッド/Hyper Hammerhead》

効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1500/守1200 
このモンスターとの戦闘で破壊されなかった相手モンスターは、
ダメージステップ終了時に持ち主の手札に戻る。

 暗黒の侵略者で登場した地属性恐竜族下級モンスター
 戦闘破壊できなかった相手モンスターバウンスする誘発効果を持つ。

 このカード以外にも《ケルベク》《幻影の壁》《霞の谷の戦士》等、戦闘を介してバウンスする効果モンスターは多数存在する。
 しかしそれらに比べバウンスするための条件が少なく、発動させやすい。

 相手自分どちらの攻撃でも発動するため、セットして攻撃を受けてもバウンス除去できる他、自爆特攻相手モンスターバウンスしてフィールドをこじ開けることも可能。
 相手モンスター守備表示であれば、消耗しないバウンスカードとして運用できる。
 また相手攻撃表示であっても自爆特攻と引き換えに手札戻すこともできる。
 特にシンクロモンスター等をエクストラデッキ戻し、「破壊を介さず」「墓地へ送らず」「除外もせず」除去できることから、自爆特攻への適性は高い。

 《N・グラン・モール》に比べると、リバース効果発動される点、再利用できない点で劣る。
 一方で、《スキルドレイン》適用下で戦闘破壊された場合にバウンス効果が有効である点や、前述のように裏側守備表示攻撃されてもバウンスできる点は評価できる。
 戦闘破壊されなければフィールドに残りつつバウンスできる点など、運用次第では上回る働きもしうる。
 特に強固な耐性を持つ《ガチガチガンテツ》《発条機雷ゼンマイン》守備表示で展開された際に、これを除去し、再度バウンスが狙える状態で居座れるという点は見所がある。
 《魂を削る死霊》等での時間稼ぎも通用しない。

 【恐竜族】では《化石調査》で必要にあわせサーチできる事から利便性が高い。
 戦闘破壊耐性を持つものには《ジュラック・グアイバ》《ハイドロゲドン》効果も通らないので、これを補うには申し分ない。
 バウンス後、《エヴォルカイザー・ラギア》に繋げてフィールド制圧する動きも当然可能である。
 ただし【恐竜族】が苦手とする《スノーマンイーター》との相性は悪い。

 1500という攻撃力は、ステータスの低いモンスターを駆逐するには十分な攻撃力であり、リクルートにも対応する。
 上級モンスター召喚条件の都合上、このカード戦闘したくない場合も多い。
 能動的にも受動的にも活用できるカードと言える。

 《月の書》《エネミーコントローラー》等を併用すれば、活用の幅を広めることができる。
 コンボとしては、戦闘破壊されなくなる《ミスト・ボディ》除外効果のある《縮退回路》を使う手もある。
 特に《ミスト・ボディ》《縮退回路》《N・グラン・モール》にはできない戦術である。
 《和睦の使者》《立ちはだかる強敵》とのコンボを絡めても嫌らしい動きが期待できるだろう。

  • 「ハンマーヘッド(Hammer-head)」という名称はシュモクザメの英語名としてよく使われるが、同名の恐竜は存在しない。
    単に「頭がハンマーの形をしている恐竜」ということだろう。

関連カード

―《ハイパーハンマーヘッド》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この効果対象をとる効果ですか?
A:対象をとらない効果です。

Q:このカード戦闘破壊された場合でも、このカードの効果発動しますか?
A:発動します。(14/05/02)

Q:このカードカウンターの乗っていない《巨大戦艦 クリスタル・コア》等の巨大戦艦シリーズのモンスター戦闘を行ないました。
  このカードの相手モンスター手札戻す効果と、巨大戦艦モンスター自壊効果、どちらが優先されますか?
A:同時に複数のカードが発動した場合に従ってチェーンを組み、処理します。

Q:相手フィールド上に六武衆が2体存在します。
  このカード攻撃六武衆Aを戦闘破壊したところ、相手身代わりとして六武衆Bを選択しました。
  ダメージステップ終了時、このカード戦闘を行った六武衆Aを手札に戻せますか?
A:はい、その場合戦闘破壊されなかった六武衆Aは手札に戻ります。(12/09/30)


Tag: 《ハイパーハンマーヘッド》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 恐竜族 攻1500 守1200

広告