《ハネワタ/Hanewata》

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 200/守 300
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
このターン、自分が受ける効果ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した光属性天使族下級モンスターチューナー
 手札から捨てる事で効果ダメージを0にできる手札誘発誘発即時効果を持つ。

 誘発即時効果なので、効果ダメージを与える効果チェーンして発動できる他、自分ターン発動することも可能である。
 手札から発動できるため、《ピケルの魔法陣》よりも使い易い。
 低速・高速のどちらのバーンデッキにも対応できるのも魅力。

 ドローしてすぐ発動でき、相手の妨害をほとんど受けないため、バーンに対する有用性は《デス・ウォンバット》に勝るとも劣らない。
 先攻1ターンキルである【ドグマブレード】すら防ぐことが可能。
 さらにチューナーであるため、バーン以外のデッキに対しても腐りにくい
 特殊召喚手段の豊富な【天使族】に使える点も大きい。
 特に《光神化》《奇跡の光臨》などを使えば、召喚権を行使せずにシンクロ召喚を行うことができる。
 《力の代行者 マーズ》《裁きの代行者 サターン》軸のデッキにおいては、《女神の加護》をただのライフゲインカードにすることも可能。
 同様に、【サイバー・ドラゴン】【サイキック族】なら自分カードの効果によるダメージへの保険になる。

 《クリボー》等と違い発動タイミングを選ばないフリーチェーンカードである。
 とは言え効果ダメージを防ぐ目的で使うならば相手バーンカードチェーン発動した方がディスアドバンテージが少なくて済む。
 だが天魔神《大天使クリスティア》特殊召喚条件を満たすために役立つ事もあるため、それを使うならばデッキに投入してもいいだろう。
 他にもチェーンカードチェーン数を稼ぐなど、それなりに使い道はある。

 効果が1ターン持続するため、複数回バーンダメージを受ける場合の対処としては《ライフ・コーディネイター》より勝っているだろう。
 また、《A・O・J ディサイシブ・アームズ》など、ダメージを受ける事が確定していない効果に対してチェーンできる点でもあちらに勝る。
 ただしあちらはダメージを与えるカード破壊できるため、アドバンテージの面で見ればこちらが劣るか。
 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》を搭載した1ターンキルが増えているため、相手にする際は入れておいてもいい。

  • なお、このカードは遊星が所有するものではなく、デュエルアカデミア生徒のパティからの借り物である。
  • 「アキvsミスティ」(2戦目)においてアキが使用した魔法カード《シャイニング・リバース》のイラストに描かれている。

関連カード

効果ダメージを0にする効果については《デス・ウォンバット》を参照。

―名前・イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:効果ダメージ等にチェーンすることなく、チェーン1でこのカード発動できますか?
A:発動可能です。

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(08/12/30)


Tag: 《ハネワタ》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 光属性 天使族 攻200 守300

広告