《バイオ僧侶(そうりょ)/Bio-Mage》

通常モンスター
星3/光属性/天使族/攻1150/守1000
最新のバイオテクノロジーによって生み出された僧侶。数々の謎を秘めている。

 Spell of Mask −仮面の呪縛−で登場した光属性天使族下級モンスター

 微妙なステータス通常モンスターだが、その属性種族レベル3以下天使族及び光属性通常モンスターの中で最も高い攻撃力を持つことから、採用できるデッキは多い。

 通常モンスターを沢山墓地に落とし、回収する【神光の宣告者】がまず候補に上がる。
 《魔の試着部屋》《凡骨の意地》を投入するタイプの【もけもけ】でも採用できる。
 《レスキューラビット》から呼び出せば、《セイクリッド・ヒアデス》エクシーズ召喚する事もできる。
 【ローレベル】ではレベル3の光属性という点で候補になるが、光属性が指定されるエクストラデッキモンスターにこのデッキでは繋ぎにくい事や他の属性ステータスが劣ることから、上手く調整する必要がある。

 同じ条件の天使族《タンホイザーゲート》《ブロークン・ブロッカー》等に対応する《封印の鎖》や、《デブリ・ドラゴン》に対応し守備力が高い《ウィング・エッグ・エルフ》等多くの数がいるため、サポートによりどれを採用するか決めたい。

  • なぜ僧侶にバイオテクノロジーが必要なのか、そしてなぜ天使族なのかなど、数々の謎を秘めている。

関連カード

―僧侶のモンスター

収録パック等


Tag: 《バイオ僧侶》 通常モンスター モンスター 星3 光属性 天使族 攻1150 守1000

広告