《パーペチュアルキングデーモン》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
悪魔族モンスター×2
このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎に500LPを払う。
または払わずにこのカードを破壊する。
このカードの(1)(2)の効果はそれぞれ同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):自分がLPを払った場合に発動できる。
その数値と同じ攻撃力か守備力の悪魔族モンスター1体をデッキから墓地へ送る。
(2):悪魔族モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
サイコロを1回振り、その内の1体に出た目の効果を適用する。
●1:手札に加える。
●2〜5:デッキに戻す。
●6:特殊召喚する。

 LINK VRAINS PACKで登場する闇属性悪魔族リンクモンスター
 維持にライフポイントを要求する効果外テキストライフコストと同数値を持つ悪魔族デッキから墓地へ送る効果悪魔族墓地へ送られた時にサイコロの出目次第でさらに移動させる効果を持つ。

 リンク素材および効果悪魔族を指定しているため、基本的には【デーモン】【彼岸】などの悪魔族中心のデッキで使うことになるだろう。
 2体分の悪魔族は、《魔界発現世行きデスガイド》《幻銃士》などの効果や、《終焉の焔》黒焔トークンを使うと揃えやすい。
 ただ、後述するようにモンスター効果の癖が強いため、【悪魔族】系統のデッキで単純にリンクマーカー要員と割り切るのも手か。

 (1)は、ライフコストを払った場合に、その数値と同一の攻撃力または守備力を持つ悪魔族墓地へ送る効果
 このカード自身を含め、デーモン、特にチェスデーモン系のカードにはライフコストを要求するものが多数存在する。
 しかし、それらのほとんどは自分スタンバイフェイズライフコストを支払うため、相手ターン中に除去されてしまう可能性が高い。
 また、500ライフを払うカードが最も多いが、対応するステータス悪魔族には、デッキから墓地へ送られた場合に発動する効果を持つモンスターは現状存在しない。
 (2)の効果コンボするか、他のカード蘇生させて利用することになるか。
 1ターン中の発動回数に制限はないため、墓地を肥やす目的で使ってもよいだろう。

 墓地へ送ることで効果を発揮するカードとのコンボを狙う場合は、ライフコストを要求する汎用カードを併用し、トリガーとすることになる。
 1000ライフコストを支払うカードならば、攻撃力1000の《トリック・デーモン》《彼岸の悪鬼 グラバースニッチ》墓地へ送る事ができる。
 その中で汎用性の高いカードとしては、《チキンレース》《簡易融合》《コズミック・サイクロン》《醒めない悪夢》などがある。
 2000以上のライフコストを支払いたい場合は、《ガーベージ・ロード》《死皇帝の陵墓》《光の護封壁》等が利用できるだろう。
 また、100単位で任意のライフコストを支払える《サイコ・ブレイド》《パンデミック・ドラゴン》を使用すれば、《魔サイの戦士》などを落とす事が可能である。
 ただし、フィールド魔法《ガーベージ・ロード》といった一部のカードを除き、多くはサーチが難しいため、安定性には難がある。

 あるいは、墓地へ送ったカードカオスモンスターなどの墓地コストにするなど、別のカードで利用するという手もある。
 この場合は、《デーモンの宣告》のような繰り返し効果使用できるカードを用いるといいだろう。
 《魂粉砕》も相性が良く、自分墓地から除外するモンスターをこのカードで供給し続けられ、相手墓地モンスターを全て除外することも狙える。

 (2)は、悪魔族墓地へ送られた場合に発動し、サイコロの目に応じて適用される効果
 (1)の効果の他、悪魔族除去されたり、リリースや各種素材に使用された場合でも発動できる。
 ただし、その効果サイコロ任せであり、それぞれ6分の1の確率サルベージ特殊召喚を行えるが、3分の2の確率デッキ戻す事になる。
 運が良ければそのままサルベージ蘇生できるとは言え、得られたはずの墓地アドバンテージを失ってしまう可能性が高い。
 デッキ戻す事で再利用したい場合以外は、あえて発動しないという選択肢も考慮に入れるべきだろう。

 なお、《出たら目》コンボすれば出目を1か6に固定でき、確実にアドバンテージが稼げるようになる。
 対象になりやすいカードの中にサルベージ蘇生の両方でメリットを得られるカードは少ないため、活用がより難しくなる。
 しかし蘇生できずにサルベージした場合でも、手札から特殊召喚する手段があれば、そのまま展開に利用する事が可能になる。
 特に、《出たら目》《ファイアウォール・ドラゴン》を併用すれば、手札に来ても特殊召喚できる態勢が整う。
 《ファイアウォール・ドラゴン》リンク先から墓地へ送ることで、このカードの(2)の効果を使いつつ特殊召喚する状況になるので、無限ループも可能。

  • 「パーペチュアル(perpetual)」は英語で「永久の」「永続の」を意味する。
    このモンスターチェスデーモンと共通の特徴を持っているという点を踏まえると、チェス用語の「パーペチュアル・チェック(Perpetual check)」が直接のモチーフだろう。
    これは相手のキングを永久に「チェック(王手)」できるが、永久に「チェックメイト(詰み)」には追い込めない盤面の事で、お互いに同じ動きを行い続ける「千日手」の状態となってしまう。
    こうなると勝負が成立しないため、ゲームは引き分けとなる。

関連カード

このカードライフコスト墓地へ送ることが可能な、攻撃力または守備力が500の悪魔族

収録パック等


Tag: 《パーペチュアルキングデーモン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 悪魔族 攻2000 デーモン

広告