《パワーアップ・コネクター/Power-Up Adapter》

通常罠
発動後このカードは装備カードとなり、自分フィールド上に表側表示で存在する
「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスター1体に装備する。
装備モンスターは攻撃をする事ができない。
この効果で装備された時、装備モンスター以外の
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択する。
選択したモンスターの攻撃力は装備モンスターの攻撃力分アップする。

 EXTREME VICTORYで登場した通常罠

 発動にはディフォーマーともう1体モンスターが必要だが、強化先のモンスターディフォーマーに限らない。
 ディフォーマーは全て下級モンスターで、素の攻撃力はあまり高くないため、単純に使ってもそれほどの上昇値は見込めない。
 ただし、他の効果装備カード等による上昇値も加算されるため、攻撃表示《D・ラジオン》に装備させたなら1800ポイントの、2体の《D・ラジオン》が並んでいる時ならば2600ポイントの強化となる。
 攻撃表示《D・ビデオン》に装備し、《リミッター解除》を併用しても、最上級モンスタークラスの攻撃力を他のモンスターに付与できる。
 それらは共に《オネスト》にも対応するため、相手アタッカー《オネスト》効果を用いた上で戦闘破壊後にこのカード発動すれば、《オネスト》強化された攻撃力を、そのまま他のモンスターに付与できる。
 また、発動後の《パワーアップ・コネクター》を何らかの手段で除去したり、手札セット状態に戻せば、攻撃力強化されたまま、装備モンスターデメリットも消せる。
 【ディフォーマー】においては、その攻撃力《D・ラジカッセン》に委ねれば一気にデュエルを決することも可能だろう。

 このように、ディフォーマーの爆発力を一層高め得るポテンシャルを秘めたカードと言えるが、罠カード故のタイムラグに加え、攻撃できなくなるデメリットはやはり悩み所。
 単に強化したい場合、サーチ手段も豊富な《団結の力》などの装備魔法に安定感で劣るのは否めない。
 もっとも、その《団結の力》強化値をそのまま他のモンスターに上乗せしたり、《サイクロン》などによるバトルフェイズ中の装備魔法除去チェーンして対応できるカードとしては格好の性能なので、採用するならそのコンボによる爆発力を軸とするデッキに仕上げたい。

 攻撃宣言に際しそのモンスターに装備した場合、攻撃が中断されるため、《次元幽閉》チェーンすれば、それを回避可能。
 《次元幽閉》を回避できるのは《D・バリア》ではできない芸当である。
 しかしコンバットトリックとして採用するならば、もっと少ないカードで安定して働く速攻魔法罠カードから検討すべきだろう。

  • アニメでは永続罠だった。
    また、アニメでのイラストは全体的に明るかった。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ時に発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/02/11)

Q:このカードを装備する効果攻撃力をアップする効果は別々にチェーンブロックが作られますか?
A:はい、この効果で装備された時に攻撃力をアップする効果発動し、別々にチェーンブロックが作られます。(11/02/13)

Q:そのターンバトルフェイズ中に攻撃宣言を済ませたモンスターに装備することは可能でしょうか。
A:このターン中に攻撃宣言を行ったモンスター対象に選択して発動する事ができます。
なお、攻撃宣言時に発動した場合、装備モンスター攻撃を続行する事ができません。(11/03/30)

Q:装備モンスター攻撃力の変動によって、選択モンスター攻撃力アップの値も、常に変動するのでしょうか。
A:《パワーアップ・コネクター》の効果によって攻撃力がアップした後、装備モンスター以外の表側表示モンスター攻撃力が変化した場合でも、装備モンスター攻撃力は変化しません。(11/03/30)


Tag: 《パワーアップ・コネクター》 通常罠

広告