《ヒーロー・シグナル/Hero Signal》

通常罠
(1):自分フィールドのモンスターが戦闘で破壊され
墓地へ送られた時に発動できる。
手札・デッキからレベル4以下の「E・HERO」モンスター1体を特殊召喚する。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した通常罠
 下級E・HERO特殊召喚する効果を持つ。

 手札だけでなくデッキからも特殊召喚できる。
 相手ターン戦闘破壊された場合だけでなく、自分から自爆特攻をかけた場合でも発動できる。
 表示形式は指定されていないため、攻守に柔軟な対応が可能である。
 戦闘破壊させるモンスターE・HERO以外でもよく、リクルーター自爆特攻して発動すればボード・アドバンテージも失わない。
 バトルフェイズ中に《超融合》リクルートしたモンスター融合素材にして追撃といったことも可能になる。

 しかし、戦闘破壊された時という発動条件なので、バトルフェイズ前に除去されやすく、自爆特攻でも妨害される可能性がある。
 相手攻撃を受けた時にこのカードモンスターを補充するのであれば、《次元幽閉》等で攻撃モンスター除去した方がボード・アドバンテージは稼げる。
 自分フィールド上のE・HERO以外のモンスター手札デッキにあるE・HEROと入れ替える目的で使用するにしても、自爆特攻時の戦闘ダメージ罠カード故の速効性のなさを考えると、適役とは言い難い。
 よって、《E・HERO フォレストマン》《E・HERO オーシャン》等、相手攻撃後に特殊召喚する意義のあるモンスターを出したい。
 また、相手ターン中に《E・HERO シャドー・ミスト》特殊召喚すれば、チェンジサーチしつつ次のターンに再び《E・HERO シャドー・ミスト》効果を使用できる。

  • 元ネタはアメリカのDCコミックが出版するアメリカンコミック『バットマン』に登場する「バットシグナル」であろう。
    バットマンを呼ぶため夜空に照らし出されるサーチライトであり、このカードイラストと同様に、バットマンのシンボルである蝙蝠のマークを夜空へと映し出す。
  • アニメでは墓地へ送られる必要がなく、レベルの制限もなかった。
    また、イラストはサーチライトの大きさなど細かなところが異なっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヒーロー・シグナル》 通常罠

広告