《ファイヤー・デビル》

通常モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 700/守 500
炎の矢を手にする死神。
その矢にあたると火だるまになる。

 Vol.1で登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 一応、直接攻撃にすれば《火あぶりの刑》以上のダメージは与えられる。

 サポートカード等を考慮しても、《さまよえる亡者》下位互換であり、採用は難しい。

  • アンデッ」ではなく、「アンデッ族」と誤植されたエラーカードが存在する。
    ルール上はアンデットが正しいのだが、アンデット族の説明にもある通り「アンデッド」が発音としては正しい。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは、「このカード召喚した時、攻撃の代わりに相手ライフに50ダメージを与える」というオマケ程度の効果が付いていた。
    このダメージ数値は同作中の《火の粉》と同数値である。
    同ゲームでは召喚魔族は炎魔族に設定されており、自身の特徴が活かされている。
    真DM2では、表になった草原地形上のカード全て破壊する効果を備えており、一転して強力なカードとなった。
    また、カプセルモンスターコロシアムでは最初の相手である城之内が4体使用する。
    「炎の場」という特殊能力も覚え、コストも低いため活躍できる。

収録パック等


Tag: 《ファイヤー・デビル》 通常モンスター モンスター 星2 闇属性 アンデット族 攻700 守500

広告