《フライングマンティス/Flying Kamakiri #2》

通常モンスター
星4/風属性/昆虫族/攻1500/守 800
飛行能力を持ったカマキリ。昆虫が大好物。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した風属性昆虫族下級モンスター

 《ドラゴンフライ》特殊召喚できる昆虫族としては最も攻撃力が高い。
 それでも戦闘をこなすには不十分すぎる数値であり、おまけに《奈落の落とし穴》《平和の使者》にかかってしまう。
 むしろ攻撃力の低い《キラー・ビー》の方が上記のカードにかからず《ゴキポール》除去範囲を広げられるので、性能としてはあちらの方が上である。
 《レスキューラビット》からリクルートする場合でも攻撃力の高い《ギロチン・クワガタ》が存在する。

 結局のところ中途半端な攻撃力を持つこのカードは上記2種より優先できる機会はないと言わざるを得ない。

  • カマキリは威嚇する姿が祈りをささげる様に見えるため英語でpraying(祈る)mantisと呼ばれることがある。
    この名前はこのprayingのパロディだろう。
    遊戯王Rではメンド・シーノが同じ語源と思われる《ブレイング・マンティス》を使用している。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは、OCGのものとはテキストが異なる。
    「戦うために鍛え上げられたカマキリ カマの切れ味はさすが」と書かれている。
    また、このカードは風魔族であり、多くの昆虫族は森魔族に指定されていたため、大好物である昆虫を食べることはできなかった。

関連カード

―カマキリのモンスターについては《カマキラー》を参照。

収録パック等


Tag: 《フライングマンティス》 通常モンスター モンスター 星4 風属性 昆虫族 攻1500 守800

広告