《フライングマンティス/Flying Kamakiri #2》

通常モンスター
星4/風属性/昆虫族/攻1500/守 800
飛行能力を持ったカマキリ。昆虫が大好物。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した風属性昆虫族下級モンスター
 通常モンスターだが、《共鳴虫》《ゴキポン》等でサーチできる範囲で最大の攻撃力を持つ。

 《大樹海》《ドラゴンフライ》を使用し、アルティメット・インセクトを使わないタイプの【昆虫族】には採用されることがある。
 《ドラゴンフライ》戦闘破壊された際に《大樹海》レベル4の昆虫族サーチアドバンテージを稼ぐのが重要な戦術の一つとなる。
 しかし、《ドラゴンフライ》に対応する風属性昆虫族は少なく、《ドラゴンフライ》3体をデッキから特殊召喚した後に続くモンスターがいない。
 《ドラゴンフライ》から特殊召喚でき、破壊された際に《大樹海》サーチできるレベル4の昆虫族はこのカード《キラー・ビー》のみ。
 両者とも通常モンスターであり、条件を満たすカードの中で、最も攻撃力が高い。
 ただし《奈落の落とし穴》《平和の使者》にかかる点には注意したい。

 また、このカード昆虫族なので《インフェルニティ・ビートル》と共に《地底のアラクネー》シンクロ素材にすることができ、墓地に落ちても《デビルドーザー》《ライヤー・ワイヤー》コストになる。  

  • カマキリは威嚇する姿が祈りをささげる様に見えるため英語でpraying(祈る)mantisと呼ばれることがある。
    この名前はこのprayingのパロディだろう。
    遊戯王Rではメンド・シーノが同じ語源と思われる《ブレイング・マンティス》を使用している。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは、OCGのものとはテキストが異なる。
    「戦うために鍛え上げられたカマキリ カマの切れ味はさすが」と書かれている。
    また、このカードは風魔族であり、多くの昆虫族は森魔族に指定されていたため、大好物である昆虫を食べることはできなかった。

関連カード

―カマキリのモンスターについては《カマキラー》を参照。

収録パック等


Tag: 《フライングマンティス》 通常モンスター モンスター 星4 風属性 昆虫族 攻1500 守800

広告