《フロストザウルス/Frostosaurus》

通常モンスター
星6/水属性/恐竜族/攻2600/守1700
鈍い神経と感性のお陰で、
氷づけになりつつも氷河期を乗り越える脅威の生命力を持つ。
寒さには滅法強いぞ。

 STRIKE OF NEOSで登場した水属性恐竜族上級モンスター

 上級通常モンスターの中では《魔法剣士トランス》《光をもたらす者 ルシファー》に並び最高の攻撃力を誇る。
 しかし、メジャーな種族である上記2体や、こちらより攻撃力が100劣る《エレキテルドラゴン》《デーモンの召喚》らに比べるとサポートの質や量で劣る。
 通常モンスター特有の豊富な蘇生手段を活かしたいのならば、《魂喰いオヴィラプター》効果墓地へ送るのが最も効率的か。
 しかし、恐竜族にはメリット効果を持ちつつこのカード以上の攻撃力を持つ効果モンスターも多いので、通常モンスターにある程度特化した構築でないと活躍は見込めない。

 《ジュラック・インパクト》発動を補助しやすいものの、それぞれのカード腐る割合を考えれば現実的とは言いがたい。
 エクシーズ素材として見ても、《陽炎獣 ヒュドラー》のほうが展開しやすく、《超古代恐獣》を使った方が望ましいので現状ではこれといって優先すべき理由のないモンスターである。
 《ロストワールド》破壊されにくくなり、《生存境界》トリガーになるが上級通常モンスターには《メガロスマッシャーX》等に貫通効果を付加する《ランスフォリンクス》が存在する。

 一方、《魂喰いオヴィラプター》《召喚師のスキル》《化石調査》などに対応しており、数あるカードの中でもトップクラスのサーチの容易さを誇る。
 総じて《強欲なウツボ》《凡人の施し》等の手札交換要員として運用するのが最も効率的だろう。

  • テキストには「鈍い神経と感性のお陰で〜」と書いてあるが、要するに「寒さを感じないお陰で」氷河期を乗り切ったらしい。
    イラストは所謂大型竜脚類のものであり、白亜紀後期のニューメキシコ州に生息していた大型竜脚類「アラモサウルス」は、恐竜大絶滅の「K-Pg境界」以降もしばらくは生き延びていた可能性がある種だという説が提唱された事があり、それが元ネタなのかも知れない。
    だが、いくら神経や感性が鈍かろうと、イラストの様な猛吹雪の中で体温が下がれば普通ならば死んでしまう。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬vs鉄男」戦において、遊馬の最初の手札に存在していたのが確認できる。

収録パック等


Tag: 《フロストザウルス》 通常モンスター モンスター 星6 水属性 恐竜族 攻2600 守1700

広告