《ブート・スタッガード》

効果モンスター
星5/光属性/サイバース族/攻2300/守 500
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにサイバース族モンスターが召喚された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分フィールドに「スタッグトークン」(サイバース族・地・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場する光属性サイバース族下級モンスター
 サイバース族召喚に成功した時に自身を手札から特殊召喚する効果戦闘ダメージを与えた時にスタッグトークンを生成する効果を持つ。

 上級モンスターだが、サイバース族召喚するという緩い条件で特殊召喚可能。
 リンク素材などに使える。

 戦闘ダメージを与えた場合はトークンを生成できる。
 元々の攻撃力は高いとは言えないので、除去と併用したい。
 スタッグトークンステータスは低いため、リンク素材などに使ってしまいたい。

  • 名前の由来は「スタッガード・ドライブ・スピンアップ(Staggered drive spin-up)」だろうか。
    繋がっているハードディスクを起動する際、同時に動かそうとするとその瞬間に大きな負担がかかるので少しずつ時間差で起動させることを意味する。
    • また、鹿のような角があるため牡鹿を意味する「スタッグ(stag)」ともかかっていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ブート・スタッガード》 モンスター 効果モンスター 星5 光属性 サイバース族 攻2300 守500

広告