《プランクスケール/Planckton》

通常罠
(1):このターン中、以下の効果を適用する。
●お互いのフィールドの全てのランク3以下のXモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
●お互いのフィールドの全てのランク4以上のXモンスターは攻撃できない。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した通常罠
 ランク3以下のエクシーズモンスター強化し、ランク4以上のエクシーズモンスター攻撃を封じる効果を持つ。

 全体強化攻撃抑制が同時に行えるが、どちらも単品では上位互換が多数存在する。
 かと言って効果シナジーはほとんどなく、コンバットトリックに利用した場合は攻撃抑制が無駄になり、攻撃抑制に利用した場合は強化する意味がなくなってしまう。
 相手フィールドランク4以上のエクシーズモンスターエクシーズモンスター以外が並んでおり、自分フィールドランク3以下がいるという場合には役立つが、そんな状況は滅多にないだろう。
 ランク3以下には、《ガチガチガンテツ》《シャイニート・マジシャン》等、戦線維持を得意とするモンスターも多く、このカードに頼りたい場面はそう多くない。
 一応、自分ターンでは一気に攻められるが、相手ターンで無防備になりやすいランク3の魔人を使う場合なら、採用の余地はあるかもしれない。

  • 「スケール(Scale)」とは、「目盛り」「定規」「鱗」の他に「規模」を表す英単語である。
    物理学には「プランク単位系」という極小の世界を表す単位系があり、プランクスケールとはプランク単位系で表される規模の世界を指す。
  • イラストには、プランクトンの一種であるミジンコが巨大化して屈強な戦士の行く手を阻む様子が描かれている。
    プランクトンの縮尺(スケール)が変化して巨大化する、あるいはプランクトンが強固な鱗(スケール)を得る、といったニュアンスか。
    ランクモンスター強化され、高ランクモンスターが動けなくなるさまをよく表している。
    イラストのミジンコはよく見ると目が二つあるが、実際にはミジンコは一つ目である。
  • 英語名は、「Planck(プランク)」と「Plankton(プランクトン)」を掛けている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《プランクスケール》 通常罠

広告