《プロミネンス・ドラゴン/Solar Flare Dragon》

効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1500/守1000
自分フィールド上にこのカード以外の炎族モンスターが存在する場合、
このカードを攻撃する事はできない。
自分のターンのエンドフェイズ時、
このカードは相手ライフに500ポイントダメージを与える。

 天空の聖域で登場した炎属性炎族下級モンスター
 自身への攻撃を封じる永続効果自分エンドフェイズ毎に相手ダメージを与える誘発効果を持つ。

 このカード直接攻撃誘発効果が通れば、1ターンで2000ポイントものダメージを与えられる。
 高い攻撃力を持つモンスターの影からちくちくダメージを与えられれば、攻撃力の低さも露呈しなくて済む。
 同名カードを並べれば、ダイレクトアタッカー以外の攻撃を完全にロックする事もできる。
 ロックを形成する手段の一つとして、《火口に潜む者》等の特殊召喚から《地獄の暴走召喚》で一気に3体展開する方法もある。
 ただし、《地獄の暴走召喚》ダメージステップには発動できないことに注意。

 だが、上記以外に展開を補助する手段が乏しく、1体ずつ展開している間に戦闘破壊されやすい。
 複数展開に成功しても、1体を残して除去されるとそのまま攻撃を通してしまう。
 《月の書》《禁じられた聖杯》など除去以外の方法でロックを突破できる手段も多く、種族を変更する効果でも対処される。
 また、現環境で簡単に出せるシンクロモンスターエクシーズモンスター召喚されると、その効果ロックを突破されかねない。
 それも見越して各種罠カード等で対処できるように備えたい。

 このように永続効果の弱点は多いが、【ロックバーン】【ビートバーン】では火力要員として一定の働きが期待できる。
 《ステルスバード》をはじめとした他の火力要員とは、ステータス属性種族の差異によって使い分けたい。
 《王虎ワンフー》と共存できるので、【ポールポジション】でのフィニッシャーとしても検討できる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの「凌牙vsIV(フォー)」戦において、フィールド魔法《マグマ・オーシャン》の効果の演出で登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    KONAMIの名を一躍有名にした名作横スクロールシューティング「GRADIUS」シリーズの雑魚。
    「GRADIUS II(「2」ではない)」の1面でビックバイパーに襲い掛かってくる。
    なお、同作品に赤い龍のボスのイントルーダーがいる。
    こちらは燃えていないので区別は容易だろうか。
    当時ポスター等に使われていたこのゲームのイメージ画像にはこの敵がデカデカと描かれていた。

関連カード

―名前関連

―《プロミネンス・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:自分モンスターが複数の《プロミネンス・ドラゴン》のみ場合、相手モンスター攻撃できますか?
A:いいえ、できません。
  《伝説のフィッシャーマン》と違い、この場合相手モンスター攻撃宣言が不可になります。
  ただし、《サブマリンロイド》等の直接攻撃が可能なモンスターダイレクトアタックは可能です。


Tag: 《プロミネンス・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 炎族 攻1500 守1000

広告