《ベビケラサウルス/Babycerasaurus》

効果モンスター(制限カード)
星2/地属性/恐竜族/攻 500/守 500
(1):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
デッキからレベル4以下の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。

 POWER OF THE DUELISTで登場した地属性恐竜族下級モンスター
 効果破壊され墓地へ送られた場合にレベル4以下の恐竜族1体をリクルートする誘発効果を持つ。

 【恐竜族】の主力リクルーター
 発動条件は「効果破壊され墓地へ送られた場合」と緩く、フィールドだけでなくデッキ手札効果破壊されても発動できる。
 特殊召喚されたモンスター効果の使用や攻撃などにも一切の制限がなく、強制効果タイミングを逃す事もないため、たいへん扱いやすい。

 運用にあたっては手札デッキからの破壊を積極的に狙っていきたい。
 恐竜族サポートカードである《ロストワールド》との相性が良く、あちらで生成したジュラエッグトークン身代わりとして手札デッキのこのカードを簡単に破壊できる。
 同じ恐竜族《究極伝導恐獣》手札から破壊することができるため相性が良い。
 その他には《連鎖破壊》《炎王の孤島》などの方法もある。

 《生存境界》の(1)の効果や、《幻創のミセラサウルス》の(2)の効果特殊召喚すれば、エンドフェイズ自壊するので効果発動できる。
 また《生存境界》の(2)の効果《魂喰いオヴィラプター》の(2)の効果《激流葬》などが使える見込みがあるならば通常召喚しても良いだろう。
 《死霊の巣》ならば除外コストを利用して高攻撃力《ディノインフィニティ》リクルートできる。

 特殊召喚先は特殊召喚に成功した時にサーチ効果が使える《魂喰いオヴィラプター》が筆頭候補となる。
 《魂喰いオヴィラプター》サーチ効果は1ターンに1度しか使えないので、既に発動済みであれば他の恐竜族特殊召喚する形となる。

  • カード名の末尾は「ウルス」ではなく「ウルス」である。
    かなりややこしいので、宣言の際は注意。

関連カード

―《ベビケラサウルス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ベビケラサウルス》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 恐竜族 攻500 守500

広告